« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月29日 (木)

ふぅ。

ここのところ本当になんだかバタバタしていて、しかも忙しいときに限って思い通りに事が運ばず、予想外のことばかりが起こります。その度に本来ならば省かれるべき時間が必要になって・・・。ふぅ。って感じです。

練習でうまく出来るようになりつつあった三点倒立も、この2日間連続で「ばたっ」と倒れて周りのみんなに迷惑をかけてしまったり。一度倒れて焦ってやり直すと、これまた三点にうまく重心がかけられず、またまた倒れてしまう。その繰り返し。みんなで一斉に倒立をやっているその近くで「どたっ」とか「ばたっ」とか音がしたら集中力が削がれますよね?それを私がある意味率先してやってしまっているようなものですから(苦笑)。みんなにはほんまにすいません、なんです。もう一回ゆっとこ。ほんまごめんねー。

私、こういう連帯責任を追う場で、自分の失敗のせいでうまくいかないことが、何よりも悲しくてイヤで嫌いなこと。凄まじく自己嫌悪です。ふぅ。

ちょっと疲れてるんでしょうかね。私のルームメイトも最近どうやらお疲れの模様。なので、オフを合わせて、リラクゼーションデーを作ろうってことに今朝決まりました。岩盤浴とかスパとかエステサロンに行って、いっちょリッチにやっちゃいますかね。で、リセットだ。

| | コメント (4)

2006年6月26日 (月)

ハッピーデイ

今日は神田のミズノエスポートで「ピラティスインストラクター武田」として、ピラティスの体験会を開催させて頂きまして、そんでもってとってもハッピーなんですの、私。

参加者の皆さんから「レッスン気持ちよかったです。これからも頑張りますぅ。」なんて言われた日にゃーあなた。天にも昇る気持ちになりますよ。

ピラティスのレッスンの後って、エクササイズの効果も手伝ってかすごく心が穏やかになる感じがするんですね。独特な呼吸法で酸素をたっぷり体内に取り込んであげることで、筋肉だけでなく脳にもリフレッシュ効果があるというのがその理由の一つでしょう。

お陰で、嬉しい出来事の感じ方が、いつもは「ふふ。嬉しいな。」ぐらいの感動なのに、レッスン後は「うれすぃーーーーっ!!!」ぐらいの感動に膨れ上がります。これっていいでしょ?嬉しいことを思いっきり嬉しいと感じられた方が心が満たされて、そのまた次のモチベーションに繋がっていきますから。

さらに今日に至っては、マッスルでもブログでもすごく応援して頂いている素敵な方がお2人で参加して下さっていて、さらに幸せ倍率ドン(by大橋巨泉←あんたは一体何歳でそのネタ知ってるのんっ?って言われそうですが使っちゃいました。)。

参加して下さったお客様、そして今日のイベント関係各位の皆様。本当に有難うございました。次の機会がありましたら、もっともっといいレッスンになるよう勉強したいと思っていますので、どーぞ今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (42)

2006年6月24日 (土)

目からウロコ

今日は感性に刺激を与えて来ましたよ。舞台を観に行って来たんです。ロベール・ルパージュ脚本・演出・出演の一人芝居「アンデルセン・プロジェクト」です。

今日はお声がけを頂いてこのような機会に恵まれた訳ですが、それにつきましては心より感謝しております。本当に有難うございました。

その「アンデルセン・プロジェクト」。面白かったですよー。ガハハと笑える面白さではなく、斬新さが私の中ではかなり興味をそそられましたね。舞台の演出で、かなり大きなスクリーンが多用されていたのですが、その使い方がホントに目からウロコもんなんです。

演劇や舞台には以前から興味がありました。が、それは口先だけ。すんません(汗)。この場を借りて今日告白しときます。だって実際、知識も何もありませんし、観に行く機会も全然少ないです。だから、今日のルパージュさんのことも知りませんでした。世界的にその名を知られる方なのだそうで・・・。でも、私、彼の関わった演出作品を観た事があったんです。ラスベガスで大人気のシルクドソレイユのショー「KA」だったんです。皆さんもご存知のシルクは、カナダのケベック州にその拠点を置く巨大パフォーマンス集団ですが、ルパージュさんも同じくケベック出身だそうで。カナダでは国家予算の5%をケベックの芸術や文化事業のために使っているとのこと。才能ある人達を、さらに磨かせる土壌があるからこそ、人が集まりそこで切磋琢磨する。突出するはずですよね、イマジネーションが。だって、舞台を観ながら私はずっと「この人の頭の中身はどんな構造になってるんだろ?」とか「どんな風な子供時代を過ごして、この感性になって行ったんだろ?」とか、バックグラウンドが気になってしようがなかったですもん。

シュールな笑いや、取り扱うテーマの重厚感がフランス文化圏の街ならではなんだろうなと思います。でも、重くなりすぎず、スタイリッシュでそのさじ加減が心憎いばかり。

いいもんですね。たまにはガツンと感性に刺激を与えにまた舞台を観に行こうって思いました。今日の刺激のお陰で、明日私の中で何かパカっと開いているものがあったら面白いのにな。

| | コメント (4)

2006年6月22日 (木)

サイクル

コメント有難うございます。皆さんすごい情報を知っていらっしゃるんですねー!びっくりしました。また何かあれば教えて下さいませ。って、私が知らなさ過ぎるという噂もありますが・・・。

話し変わって、最近、また例のごとくダラダラ病が出てます。家に帰ってきて、さっさと用事を済ませてしまえばいいのに、テレビを観てなーんもしない時間を過ごしてしまうという。

そして、お菓子のマイブームも少し前のチョコレートから、ナチュラルローソンに置いてある「抹茶ロール」ってのに変わって、ここしばらく続いています。マッスル内でも「美保ちゃん、今日もそれ食べてるね」と、だいぶ「私=抹茶ロール」の図式が定着しつつあるようです。

なんか、バイオリズムというのか、こういう生活のサイクルが数ヶ月か数週間単位で回ってきますよね。ということは、そろそろ寝坊する頃かも。気をつけなければ・・・。

寝坊した日の目覚めの際「シェーっ!」って、思わず赤面するような死語を口走ってしまいます。これもサイクル?いや、できればこれは避けたいな。

| | コメント (133)

2006年6月19日 (月)

風流なお話

今日は暑かったですねー。お陰で水分を摂る量が半端じゃないです。一日で2.5リットルは飲んでます。で、今もペットボトルの500ミリリットルを飲み干そうとしていますから。明日なんだかむくんでそう・・・。

それより、今日はこの季節ならではの「いろいろ」を見つけましたよ。

まずはシアターに向かう道の途中。今まで見たこともないぐらい濃ゆーくて鮮やかな紫色をした紫陽花が咲いていました。紫陽花は花の色が変わっていくと言いますから、あの紫色が次はどのように色づいていくのか「楽しみだなぁ。」なんて、ちょっぴり風流なことを考えてみたり。

そして、稽古帰り。購入したいものがあって、横浜で雑貨屋さんに入りました。そこで目に入ったのが、子供用のレインコートと長靴。黄色でね、動物の顔のポケットがついてるんです。実は昨年私にも初めて甥っ子ができまして、思わず「あー!かわいすぎるー。買っちゃおうかなぁー。」って。雨の日のお出掛けに甥っ子がそれを着て歩いてる未来の姿を想像してしまった訳ですよ。もうたまらんでしょ!

憂鬱な梅雨の時期ですが、こんな風に四季を感じて過ごすとまんざらでもないですよね。と言いつつ、明日の天気はまた晴れの予報。やっぱり出掛けるなら雨より晴れがいいな(笑)。あれ?風流なお話台無し?

| | コメント (122)

時事ネタ

疲れました・・・応援で。ワールドカップサッカーの日本VSクロアチア戦。私の「うあーっ」とか「えーっ、とめてー」という声が間違いなく家の外に聞こえていたはず。でも、よそのお宅でもきっと同じですよね。絶対叫んでると思いますもん。観てた方は。

あのオーストラリア戦以来、「次は絶対勝ちに行く」とジーコ監督も選手もそれぞれが口にしていましたが、ご存知の通り結果は引き分け。惜しい、非常に惜しい場面がたくさんありました。気持ちが入ったプレーも多く観ることができました。が、逆に勝てるチャンスも同じく多くあったはずで・・・。

それにしても印象的だったのが、今日の川口選手。特にPKを止めたあのシーンは絶叫しましたね。その他にも何度もその危機を救ってくれる場面があり、「よしよし、よしよし」ととにかく独り言が止まらない私でした。

他の選手もあのプレーを見て何かを感じたはずです。中田選手も果敢にミドルシュートを放っていて・・・そこで私が思ったこと。人間って本当にその思いが強ければ強いほど、集中力を発揮して神懸かり的な動きも可能にできてしまうということ。ただし、身体に、筋肉に、その瞬間の気の爆発に耐えられる準備が整っている人限定。ですけどね。

ブラジル戦。可能性が残されているのですから、その部分を全員が一回ずつでもいいから出してほしいと切に願っています。選手が総力を上げれば、スタジアムに立っている11人がそれぞれに爆発すれば、単純計算2ケタに近いゴールが奪えるはず!?

言うは易し。か(笑)。とにかく応援してます。

| | コメント (19)

2006年6月16日 (金)

シンプルに

よくないなーと思ってるのに、やめられない事の一つに「長電話」があります。

携帯メール機能の普及で、私もそれにあやかって、電話よりパケット派だったんですけどね・・・。

なんだか特に最近、指でピコピコ打つのがまどろっこしくなってきて。やっぱり直接話をした方がより細かくニュアンスが伝わるし、私も感じ取れるしで、個人的に改めてシンプルな電話機能に立ち返っている、そんな感じでしょうか。

ワンセグ?(どういう意味かわかっていません)とかいうやつは、綺麗にテレビ画像が見られるみたいで、「すごいなー」ってちょっと興味はあるんですけどね。でも、きっと私がそれを持っても使いこなせずに終わりそうな気がする・・・。

それにしても今月はいくら支払うことになるんだろう。誰に連絡取るときでも電話しちゃったしなぁ。しかも、話込んじゃってるしなぁ。この際、過去最高額に挑戦でもしてみるか!?

ついさっきも、春公演で一緒にシンクロ泳いでたメンバーと話してて盛り上がってたところです。

| | コメント (2)

2006年6月12日 (月)

しゅーりょー!!

ご報告っ!!

無事、本日のJOCオリンピックコンサートが終了したことをご報告いたしますー。

いえーい。パチパチパチパチ。

今日は、緊張しましたね~。終わった瞬間のあの脱力感はただ事ではないです。それだけ緊張していたということなんだと思います。

このブログにも何度か似たようなお話を書いているかと思いますが、私は緊張すると言葉が早口になったり、噛んだり、「えっと」を連発するという症例!?が出るんですね。だから今日は「それをしちゃいかーん!」ってことで、単語の一つ一つを大切に発音しようと。とにかくそれだけは守ろうと、意識して今日の舞台に臨みました。

昨夜の不気味な猛特訓は無駄にはなりませんでしたよ(笑)。何度も何度も繰り返し台本を読む練習をやっていたお陰で、今までの中で一番ペースが乱れず、しかも噛まず、「えっと」は無しでやり終えることができたんですもん。・・・?はい、これ、完全に自分目線、ですね。かたじけない。お客様の中には聞き取りにくかったっり、滑舌の面でお聞き苦しい点など色々あったかと思いますから。

でも、今回このお仕事をさせて頂けて本当によかったと思っているんです。すんごく今気持ちが清々しいんです。出し切った感じ。

しかもクラッシック音楽の素晴らしさと、スポーツの魅力を再認識することまでできましたから。

とにかく、何事もなく終了できたのは、今回ご一緒させて頂いた皆さんのお力添えあってのことであります。心より感謝しています。

今日は異常に眠たい・・・。もう寝よう。限界だ。どうか言葉を打ち間違っていませんように。

| | コメント (3)

2006年6月11日 (日)

えらいこっちゃ

いよいよ明日はJOCオリンピックコンサートです。

ホームページを見て下さった方はもうご存知かと思いますが、なんと私。クラッシック音楽のコンサートの、しかもトリノ五輪や各競技の世界大会で活躍されたスポーツ選手の方々をゲストにお迎えしての司会なんぞという大役を仰せつかまりましてですね、どえらい緊張をしとるわけですよ~。えらいこっちゃです。

ブログを「気分転換になるから書こうっ!」と思ってこのページを開いたのですが、さっきまでは一人でずーっとしゃべってました。台本読みです。人が見るときっと不気味でしょうね。笑顔で話していたかと思うと、今度は眉をひそめてみたり。その間もぶつぶつ口ではものを言いながら。

この成果が明日発揮できるのかどうか。

うー・・・。とにかくベストを尽くします。笑顔を絶やさず。

| | コメント (1)

2006年6月 9日 (金)

・・・おーい。なんで?

おわーっ!!何ヶ月ぶりかに、またやっちまいました。ブログをほぼ完成まで書き上げていたのに、「かちっ。」って音と共に原稿が全部消えてしまう現象ーーーー!

かなりへこむー。はぁー・・・。

気分的に同じことをもう一度1から書く気になれないですぅ今日は。一体なんなのよぉ・・・

さっきまで書いていた内容をかいつまんで言うと、今日は食べ過ぎて元々くびれの無いウェストから本当にくびれが消えてしまった、と。まぁー大したお話でもなかったんですけど、食べたメニューとか結構何が美味しかったとか長文を書いていた訳ですよ。ったく。

すいません。なんか一人でキレてて。「キレてないっすよ。」とはとても言い難いです。

あー、途中電話があったり、メールが来たりして何回も中断したのが悪かったんですね。パソコンさん、わかりました。書く時は集中しますから、その代わり2度と起こさないで下さい。

| | コメント (2)

2006年6月 8日 (木)

念願叶って

昨夜にブログを更新しようと思っていたのに、なぜか、本当になぜか何度試してもログインできなくて結局断念。なので、昨日書きたかったことを今書いちゃいます。

昨日は講演のお仕事で長野県に行きました。新幹線の時刻表を調べると、行かなくてはいけない時間にちょうどいい頃合いに着く電車がなくて、約2時間弱早目に長野入りすることにしました。

お陰でその時間を利用して、ちょっといいことしましたよ。

長野とはどうもご縁があるようで、選手時代にも何度か合宿に行かせてもらったり、引退後も昨日のような講演のお仕事やその他でも、どの都道府県よりも行く頻度が多いような。でも、いつもトンボ帰り。合宿の時は長くいましたが、街中を出歩くことなんて皆無でした。

で、今まで長野で行ってみたかったのに行けなかったある場所へ行こうかってことになったんです。

善光寺。

そう、善光寺に行ってきたんですー。三門から本堂に向かうあの道、とっても風情があってよかったぁ。そしてなんといってもお戒壇めぐり!これはすんごい貴重な経験でした。中は真っ暗だと以前から聞いてはいたのですが、まさかこれほどとは。目を閉じているかのようにまさに真の暗闇でした。腰の高さの右側の壁を伝って進むと、「極楽の錠前」を触れるんですね。触れたときは純粋に嬉しくて、子供みたいに「お~、あったあった。触れたでー!」って。

ほんの1時間にも満たない参拝でしたが、念願叶って、嬉しい経験もして、本当に行けてよかったなと思いました。

たまにはこうして早めに行ってみるのも有りですね。時間があればの話ですが。

| | コメント (0)

2006年6月 7日 (水)

独り言

締め切りを設けられると、「早く済ませてしまった方が後がラク」ってことで、用事や仕事を先にやってしまうタイプの方が多いんでしょうか?それとも、「今はいい案が思い浮かばないや。締め切りまだだし後でしよう」という結論に至って、ぎりぎりで慌てて帳尻を合わせる方の方が多いのかな・・・?

私の場合、いわずもがな後者の方です(苦笑)。文章の書き方でわかりますよね。あは。

いつも、後悔するんです。あーなんであんなに時間があったのにやっておかなかったんだろって。ほんとにコツコツできない人間です、私。

こんなこと言ってる間に、その改善策を立てた方が建設的で効率がいいですよね。じゃー今からそれ考えますー。って、やっぱり締め切りギリギリになりそうな気配・・・。原稿やりましょーよって、ね。あっ、そうなんです。今回のケースは原稿の締め切りに関してでした。ほぼ独り言。すんません。

でも、セルフトークって大事なんですって。自分が何を考えているか、自分に問いかけて深層心理を知ること。書き出すこともいいそうです。お世話になってる社長の京さんからのうけうりです。

| | コメント (1)

2006年6月 5日 (月)

人間進化論?

今日は久しぶりに筋肉痛の気配です。夏公演のリハーサルに参加して、新しい演目をメンバー全員で色々なアイデアを出し合いながら挑戦するんですが、それがずーっとジャンプなんです。

でも私。マジで、真剣に、陸上に強くなりましたよ!ほんとに以前と違うことがはっきりとわかりますもん。だって、1日中縄跳びの練習ばっかりしていて、練習の最後まで平然と立っていられるなんて有り得なかったことですから。

人間は進化するって言葉は伊達じゃないっすね(笑)。

そのかわり明日の朝に起きたときの、前スネの激痛が恐ろしい・・・。そもそも、ちゃんと明日に筋肉痛がくるんでしょうかね?年齢的に2日目に筋肉痛が来る可能性もあり、その辺り微妙~。

いずれにせよ、たくさん身体を動かしたのでしっかりストレッチしてから寝ようと思います。(明日に筋肉痛が来ることを祈りつつ。)

それと最後に。昨日テレビを観てくださった皆様。どうも有難うございます。打ち合わせと違うフリだったりして、若干、顔が引きつり気味だったのは当たっています(笑)。ばれてますね。まだまだ修行が足りんです。どんな状況でも、何をふられても、簡潔で、でもしっかりと自分の言葉で表現できるといいのになぁ。あーあ。もうちょっと勉強します。

| | コメント (3)

2006年6月 2日 (金)

新機軸

明日、初めてコメンテーターなるものをすることになりました。CXさんのワッツ!?ニッポンという番組になるんですけども、なんだか今から緊張気味。

舞台で身体を使って表現する時の緊張感と、言葉で表現する時の緊張感と、やっぱりちょっと種類が違うんですよね。言葉で簡潔に話をするのって、しかも質問に対して的を得ることって、結構難しいことだと思いません?私はまだこっちの方(言葉の方)の緊張感に慣れていなくって、明日の自分の話し方がちゃんとまとまってくれるかどうかが心配です。心配したところで何もできませんから、とりあえず朝から頭が回るようにしっかり睡眠を取ろうと思います。

スポーツのことじゃない話題についてコメントするのも今までなかったことだし、これも「武田新境地開拓事業」(今、命名しましたー)の一環として、新機軸に挙げますからっ。皆さん見守ってて下さいね。

| | コメント (4)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »