« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日 (火)

私の家まで

私の友達で、ものすごーくしっかり屋さんの子がいるんです。歳は下なんですけどね。時々ドキッとするぐらい大人な感じっていうか、私なんかよりずっと世間というものを知っているんです。意志が強くて、考えもはっきりと言葉にできるし。でもそれが押し付けがましくもないし。バランス感覚がいいんでしょうね。いつ会ってもはつらつとしていて、ひとなつっこい笑顔がかわいい。だから一緒にいてとても気持ちがいい人。これ、本人が読んでたらこそばゆいやろなぁ~(笑)。ちょっとほめすぎたか?

でも、こと殿方関係のお話になるとこれがまた別人のようで。完全に乙女ちゃんに変身なんです。あまりに健気なので思わず手を差しのべたくなります。こればっかりは本人が頑張ってもらわないとどうにもこうにも動きませんから、余計なお世話はしない方がいいと我慢して見守っておりますが。

こーんなこと書いちゃってますけど、「おい、自分はどうなんだ?」なんですよねぇ~。まったく人のこと言えませんから。

駅から自分の家までの道のりを歩く時間が、私にとって考え事をするいい時間なのですが、今日は何となく「人の心を操作するなんてことはできるのだろうか?」がテーマでした。それが今日のテーマになる発端は別にあったんですけど、半分歩いたぐらいから「そういえばあの子も、人の心を操作したいとか思ってるんやろなぁ。」っと思い出して。

操作することはできないけど、考えや思いを誠心誠意で伝えることで、何かが変わるはず。私はそれを信じています。

劇的変化を望むのであれば、思いがうまく伝わるように、先ずは自分が相手を知ろうとする努力が必要だし、コミュニケーションの中でどんなに些細な情報であっても相手の今思っていることをキャッチできる感性を磨いておかなければいけないし、その情報をもとに一番相手にとって伝わりやすい言葉の表現ができるような自らの表現力を身に付けなければいけないし。やることたーくさん。でも、とても必要なこと。

出だしが恋愛のお話でしたけど、それもそうとして、それとは別に変化を期待したい人がいたのでこんなことを歩きながら考えてた訳です。

なかなかいい道のりでしょ?考えごとしてたらあっと言う間ですよ、ほんとに。

| | コメント (4)

2006年8月28日 (月)

きゅーっ

いっつも開演ベル10分前から、舞台袖の溜まり場にマッスルメンバーが全員集まってリーダーの直樹さん仕切りでミーティングをするんす。ここでは動きの注意事項とか立ち位置とか、そんなことを確認するんですけど、昨日「とうとうあと残すところ公演が10回切りましたーっ。みんな完全燃焼できるように、1回1回の舞台で出し切るんやでー。」と、ほんわか大阪弁の直樹さん。とっても胸がきゅーっってなりました。

舞台に立つ喜びを毎日感じられるなんて、自分でも自分のこと「この幸せ野郎ー」と思います。その上、この歳からの人生のセカンドステージでも、こんなに深ーく人と心の関わり合いを持てたというちょー有難い特典つきです。ほんっっっっっっと(ちっちゃい「っ」がいっぱい入るぐらい気合いの入った「本当」です。)みんないー子なんですよねぇ~・・・しみじみしちゃう程に。

まぁ、そんなこんなでしばらく離れてしまうんですけど、この秋のシーズンの間に舞台とは違う多くの経験を積んで、合流した際には新しい風を皆さんに吹き込めるような自分であれるよう、しっかり「見て、聞いて、感じて」をやっていこうと思います。

うおーっ。残りの公演頑張るでー。

| | コメント (4)

2006年8月26日 (土)

今夜は熱いタケミホ

今日の公演前、午前中の空き時間を利用して9月14日~9月17日まで横浜国際プールで開催される、シンクロFINAワールドカップへ向けての全日本強化合宿を見学しに行ってきました。

久々の競技シンクロを目の当たりにして思ったこと。「みんなほんまにがんばってー!」でした。結構自分がこう思えたのがいー感じ。なのです。

何がいー感じなの?と、あまり皆さんピンとこないと思いますが、私がちゃんと競技者としての過去の自分から卒業しつつあるということを感じるからなんです。以前は後輩の練習を見ていると「あー、ここはもっとこうして・・・」と、なんかその場で飛び込んでやってみせたくなったり、「私だったらもっとこう泳ぐのにな・・・」と、自分が泳いでいるイメージを描いたり。こうなってしまうのって、たぶん、いわゆる「あの時の輝きを取り戻したい」症候群?(勝手に名前つけてます。)が出てる時なんだと思います。でも今日は、本当に冷静に一歩引いた目線で選手を見ていました。一OGとして、皆が向上するために何かをしてあげたいというような、うーん、何と言うか、とにかく競技者のうちは持たなかった感情がごく普通にぽっと出てきたんです。

これは、現在の私が充実感を持って毎日を過ごせている証なのだと思います。ショービズの世界で、手探りながらも表現を表せる場所がある。これはかなり大きい。精神的に安定してなくちゃ絶対、「私が」「私の」「私だったら」私、私、私、私、私・・・って、周りがうんざりするぐらい私を主張しちゃうような気がします。主張することを全否定している訳ではありません。もちろん、自分の持ち味を上手く生かして見せる「セルフプロデュース力」がなければ、表現者としては致命的です。つまりは単に一方的な自己主張ではなく、求められるものに対して敏感に察知する洞察力と客観性に裏打ちされた主張をしていこか。と、今の私のセカンドキャリアではこういうことが必要なんです。だから、「私だったら・・・」なんて考えている暇がないっ!昔の自分を追うより、これからの自分をどう持っていこうかと悩む方が前向きで、しかも楽しい。

今日の見学を通じて、今の自分の心境をすこーし覗くことができました。応援して下さっている皆さん。マジでマジで感謝です。皆さんがいて私がいるこの環境に恵まれてなければ、きっと私、やーな奴で顔の吹き出物とかやばいはず。有難うございます。

あー、こんな時間だ。それこそ別の意味で吹き出物が出ちゃう。寝不足ってお肌の大敵ー。明日も頑張りまっするー。

| | コメント (5)

2006年8月24日 (木)

楽屋トーク2

なんだかややこしいことになってしまいました。こんな時間に何を思い立ったか、急にテンプレートを変えてみたくなって、色々さわってたんです。そしたら元々の自分の設定をどうしていたかがよくわからなくなって、「あれっ?プロフィール用の写真ついてたはずやのにどこいったん?」とか、「今まで投稿した文章消えてるやん?」とか、本当に私はどうしたらいーの状態になって。そして、今に至ります。これってちゃんと元に戻ってるのかな?

微妙に不安。変な書き込みとか来たらどうしよ。大丈夫ですよね。うん、大丈夫大丈夫。(只今、自分に言い聞かせてます。)

って、こんな内容ブログに載せてもね。ほんま、すいません。

ではお話変えましょう。

今日、つくづく人間って面白いなと思うことがありました。人はそれぞれ物事の受け止め方や、同じシチュエーションでの反応の仕方が違いますよね。とーっても当たり前のことを言っているんですけど、今日、マッスルの女子楽屋でちょっとしたゲームをしたんです。「こんな場合の切り替えし方選手権」です。

シチュエーションの説明をしますと、先ず自分はトイレに行きます。そうするとそこに何人か人がいました。その人達はトイレに用事はありません。ただそこにいるだけです。「入りにくいな・・・」と思いながらも、背に腹は変えられず、トイレに入ります。そこで用が終了して出てきた自分に向かってただそこにいた人達から一言。「長かったなぁ。もしかして今の・・・?」

こんなとき、どう切り替えしたらスマートか。あるいは笑いがとれるか。をみんなで言い合ったんです。ちょっと設定が女の子(あえて私達、女の子と言わせて頂きます。)の割りにはお下品ですけど、でもこれって結構切実な問題だと思いません?

まぁ、楽屋トークなので、みんながどういう内容を言ったかは内緒にしておきますが、かなりの盛り上がりをみせましたよ(笑)。本当にみんな色々だなぁと思ってすっごく興味深かったです。ちなみに私の切り替えし、みんなの評価ではトップで、ウケ系のしかも今後から「採用ー!」でした。いぇーい。

こんなので嬉しくなってしまう私って簡単。はは。

| | コメント (103)

2006年8月22日 (火)

マイブームは紫

今年のトレンドカラーの一つに紫があるんですけど、なんだか最近この「紫」って色のことを、私、見直しちゃってます。改めて見ると、鮮やかで綺麗ですよね。

今日、実は京都の実家に帰ってました。かなーり久しぶりです。滞在時間は短くともやっぱりほっこりしますね。自分の部屋のベッドが低反発素材のやつなのでちょー気持ちいくて、ちょー安眠できるし。母のご飯も美味しいし・・・。

あー、話したいのは家でののんびり話ではなかったっ。母と一緒に出掛けたデパートのことだったっ。

デパートの内装やディスプレイ、品揃えはすっかり秋の装い。夏に比べてこっくりした色の物が多かったです。そんな中、紫色が目にやたらに留まります。なんだかすごーく惹かれてしまいました。同じデザインの服で色違いがあったとしても、とにかく紫が一番映えてよく見える。実際試着させてもらっても、顔映りがいいし、自分で言うのもなんなんですけどちょーっとデキる女系っていうのん?そんな感じでした。

マッスルを観に来て下さっている方はお気づきだと思いますが、そういえば私の衣装、今回、紫が多いんですよね。最初の裸族は紫と赤が基調です。で、私が散々練習に練習を重ねたボンボン隊(お祭りで売ってる中に水の入った風船です。それを曲に合わせて手でついたり、よーよーを操作するみたいに上下や左右に振ってキャッチするんです。)の衣装の浴衣も紫。浴衣はいっぱいあった中から自分で選ばせてもらいました。ほーら、ここでも紫でしょ。なんでかなー?

ちっちゃい時によくした色占いとか、色性格判断での紫の評価ってイマイチじゃありませんでした?「欲求不満の色」とかさ、「フラストレーションを抱えていませんか?」とかさ、なーんかあんましよろしくないようなコメントが書かれていたし。

だから、ついつい紫を手にとってしまう私って、「実は今そうなのっ!?」ってことになりますよね。でもいいんです。そんな大人な感じの色が似合うようになったってことで、女性としてひとつランクアップしたんだと思うことにします。小娘には着こなせないはずっ(笑)。ちょっとNIKITA(ニキータ)的発言で今回のブログ、締めさせて頂きます。はーい、さようなら~。

| | コメント (4)

2006年8月19日 (土)

起きてると・・・

今日もなぜかこんな時間。

でも、起きていたからさっきいいことがありました。

とても嬉しい内容の、嬉しい人からのメールが受信ボックスに「ピコン」って音と共に入ってきたんです。この方と接する時はいつも緊張してしまって、なかなか上手く話せなかったり、しどろもどろになってしまったり、ほんと、その後いっつもへこみます。「今日もやっぱりあかんかった~」って。

こんな書き方をしたら、相手が男性だと皆さん思ってしまう?か?

ちゃいますよー。先生です。恩師の井村先生です。先生がお誕生日だったので近況報告とちょっとしたお品を。で、そのお礼のメールが届きました。

パソコン上で会話を交わすというのは選手時代にはなかったことです。とてもとても不思議です。だから嬉しさ150%増量って感じ。(なんかイマイチ自分でもよくわからない表現ですが。)とにかくすごーく嬉しくなってしまったと私は言いたいだけなんです。

きっと私、何歳になっても先生の前ではヘタレになるんやろなぁ・・・。怒られると落ち込むし、元気?と問いかけられるとうれしーし。引退したので、そんなことは滅多にないでしょうけど、今後もいちいち一喜一憂しちゃう自分が予想できて、なんだかそんな自分がほほえましくもあり。ま、そんな感じです。

| | コメント (5)

2006年8月18日 (金)

アホな私

ほんっとすいません。ブログぜーんぜん更新できなくって。

東京が大停電になった日ありましたよね?その日以来パソコンが使えなくなっちゃって、メカに弱い私はかなり接続の格闘を繰り返しておりました。ワイヤレスネットワークのルーター(っていうのん?)自体に電源が入らず、初期化のボタンをねじ回しで押してみても「うんともすんとも」言わないし、途方に暮れてたんです。結局サービスセンターに電話して、製品をお修理に出してみてもらうことにしました。

アホな私は、その間「はーっ。使えん。パソコンが使えん(泣)。」と言いながらコンセントを差し替えてみたり無意味な行動を。ケーブルを直接パソコンに繋げれば起動したのに全くそこに頭が回っていませんでした。んで、たった今それに気づいた訳です。5日間も経って今ですよ。我ながら自分のアホさ加減に疲れます。まぁ、でもこうしてブログも更新できたし、ちょっと嬉しいけど。

武田家には2人のメカニックがいました。お父さんとお兄ちゃんです。この2人、マジで機械に強くって、家電のトラブルはほぼ自力で直せるぐらいの腕前。なもので、私はその辺りのことはちっちゃい頃からまかせっきり。パソコンを買っても、設定はぜーんぶ兄にしてもらったし。こっちに出てきても、MJのえーこさんがこれまたすんごい詳しくて全部教えてもらったっちゅーか、やってもらってしまい・・・こりゃ、覚えませんわね。自分でやらなきゃ無理ですよね。 

当面はケーブルにつないでブログを更新しますので、またよろしくお願いします。皆さんからコメントをいっぱい頂けるので頑張れます。

あー。本当なら今日はこの内容じゃないお話を書きたかったのにな。日がずれるけど、ほな明日書こうかな。

| | コメント (3)

2006年8月12日 (土)

デビューしました。

最近、私、解禁したものがあるんです。それは何かと言うと、「ドリンク剤」。

選手時代、ドーピングの禁止薬物や成分の入ったものは口にすることができなかったので、もちろんドリンク剤はダントツでNG。だったんです。

引退してからまもなく丸々2年が経とうとしています。全然飲んでもよくなったのに、なぜか手を伸ばすことなくここまで来ていましたね。うーん。なんでだろ。

そんな私に、楽屋の差し入れや、メンバー同士のコミュニケーションのツール(例えば、何かの貸し借りがあって、返す側が「ありがと」の気持ちでドリンク剤を添える。とか。)としてドリンク剤がぐっと身近に感じられる環境が訪れました。で、飲んだ訳です。とうとう。

感想。結構美味しいんですね。確かに成分がそれほど強くないものを飲んだので、味も初心者向けというか飲みやすくなっていたと思います。が、とにかく意外な美味しさにびっくりしました。元気になったかどうかはよくわかりませんが、「なーんかいけるでー!」な感じになりました。自己暗示も大事ですよね。「これ飲んだし、私はいけるー」ってゆうやつ(笑)。

これをきっかけに、これからもちょくちょく助けてもらうことになる予感。ちょっといけないことをしているような!?私にとってはドキドキのドリンク剤デビューのお話でした。

| | コメント (8)

2006年8月11日 (金)

ブログの更

ブログの更新が最近2日か3日に1編になってますが、ほんとすいません。昨日書こうと思っていて、あまりの眠たさに断念したネタを今日はこのまだ日の高い時間に更新しちゃいます。そうなんです。今日の公演は19時からなので今書けちゃうんです。

一昨日、うちのお母さんがマッスルを観に横浜に来てくれました。せっかくの機会なので「ちょっとさ、リッチなホテル予約しよか」ってことになって、リッチなホテルを予約したんです。いや~リッチなホテル(しつこい?)でしたよ、実際(笑)。でも、このホテルを上手く利用できなくて、普通に一泊しただけみたいな、なんていうか・・・オプションを何も使えず、「この余ったクーポンはどうすんのん?」みたいなことで終わりました。

そのホテルは色々なプランがあって、その中から滞在中にしたいことに合うプランを選びます。そしてチェックイン後にクーポンチケットを受け取って、そのプランの中でも「今これをしたい」と思うもの、例えばラウンジに行ってカクテルを飲みたいと思えばクーポンを利用できる(案内に書いてあります。)お店に行ってチケットを1枚切ってもらい、チャージ代は無しにしてもらえる、とか。そういうような感じになってるんです。

私達親子。そのクーポンの使い道の1つ目に喫茶店でコーヒーを飲むことにしました。ホテルの外に食事に行ったので食後のコーヒーが飲みたいねって。で、ホテルに戻り案内に書いてある喫茶店に向かった訳です。するとその喫茶店の向かい側に鉄板焼きのお店があってえらいいい匂いで「じゅー」とか音まで聞こえてきたんですよ。その瞬間、母と目を合わせて「うあーっ。ここにしたらよかったなぁ。」って後悔の嵐。外でとった食事のお味、特に悪かったわけではないんですよ。でも、どうせ思い切り贅沢に行くなら、ちょっといいお肉でも食べりゃよかったと思ってしまって。

そのあと、お部屋に戻るとベッドが気持ちよくてどこにも行きたくなくなって結局そのままおやすみなさい。エグゼクティブラウンジを利用できる部屋だったのに翌朝もなぜかB1階の朝食ビュッフェに行って、部屋に戻る途中に「あー。高いところから景色を見ながら食べられたのにぃ」ってまた選択ミス。

今度、いつになるかわからないけど、しっかり有効利用できるクーポンの使い方を研究してから泊まります。心に決めました。

| | コメント (3)

2006年8月 9日 (水)

これって決まりごと?

なぜかそれを着ると決まってシミをつけてしまう服ってありません?私は夏服で2枚あります。今日はその内の1枚の服を着て、そして案の定特大のシミをつけました。なーんかあまりに予想通り過ぎて、ついてしまったシミを見ても無反応な自分を客観的に見ているもう一人の自分がいて、その姿がおかしかったです。あはは。あは・・・。あーあ。

それはスカートなんですが、布地が薄くて繊細な素材のものなので「引っ掛けてしまったりしてはいけないから」ということで、着用頻度は少ないんですよ。なのにいっつもこの結果。何で?と言いたい。

完全に個人的なぼやきになってしまっていますね。スイマセン。

いけないわ。最近お肌の調子も良くないし、久しぶりに口角炎(口の横が切れて痛いやつです。名前あってます?)なんてのもできてるし、今日の夕方から舌に口内炎までできてるし。こんなんじゃあかーんっ!健康にならなくては。でもですね、食生活には気を使ってるつもりなんですけどねぇ・・・。原因の追究とその改善策を立てて早期回復をはからねば。

今日はとても穏やかで癒し系のオーラを持っていらっしゃる方と対談のお仕事があったので、気分が良好なんです。いい睡眠がとれそうです。明日、少しでも何か治ってたらいいのにな。

今日の最後に一言。この間、頂いたコメントの中で「業務連絡のように思える」とのご指摘がありましたが、その点に気づかなかったです。ごめんなさいです。「これから気をつけますっ。」と社内で話し合って誓いましたです。

| | コメント (4)

2006年8月 5日 (土)

そういえば・・・

この夏に入ってから、私が蚊に血を吸われた回数。そういえばなーんと!まだ3回なんです。しかも1箇所ずつだけ。これって結構すごくないですか?過去最少記録(8月5日現在)です。お陰様で大変夏を快適に過ごさせて頂いておる訳ですが、でもなぜなんでしょか?今までよりかなり外出しているはずなのに、しかもマッスルシアターなんて海沿いなんですよ。蚊がいっぱいいてもいいはずなのに・・・?

誕生日がくれば、私もとうとう三十路の仲間入りを果たすことになるのですが、その区切り!?を前に、血の味も蚊の好むような甘い匂いを発しなくなったのでしょうか?うーん。かゆいのはイヤだけど、まったく刺されなくなると逆にそんなことが心配になってきたりも。

ああ、寄せる歳の波なのか。いやいやまだまだ水も肌をすべってますから大丈夫なはず。

ま、ど~でもいいですよ、なお話なんですけどね。私の中でどうしても素通りさせるわけにはいかなかった、蚊に刺されない不思議な現象を今日はご紹介させて頂きました。

ちょっと今年は蚊の活動遅い目かな?(←まだ言ってる・・・)

| | コメント (6)

2006年8月 3日 (木)

怖くて痛い

ふじみ野市のプールで女の子が吸水口に吸い込まれてしまうという、プール人の私としてはとっても衝撃の事件が起こりました。プールにあまり入られる方でなくてもこれはかなりショッキングなことだったと思います。

「えー!?人の身体が吸い込まれてしまうの?」

そうなんですよね。吸水口って実はすごいんですよ。マッスルでも毎日プール?水槽?に入っていますけど、どのプールにも必ず吸水口が配水口があって水を循環するシステムになってるんです。マッスルのプールにははしごでプール(夏公演では私、飛び込んでますけど)に入っていけるようになっていて、ちょうどそのはしごを降りて身体をちっちゃくして首まで水に浸かったおしりの位置に直径10センチないぐらいの吸水口があって、その場所を覚えていないうちはいっつも「痛ーっっっ!!」って誰かが言ってました。もちろん私も。すんごい勢いでおしりや太腿が吸水口に吸い寄せられるんです。まじで「バチッ」って音がなりますよ。痛さとしては結構な強さでしかも丸型のピンポイントヒット。掃除機で手とか足を吸い込んでみた経験がある方で比較するとその3倍から5倍ぐらいの吸引力でしょうか。

管理のことですごくずさんな体制が取り沙汰されていますが、本当に危険なんです。注意の喚起になってほしい。そして絶対にこんな事件が起こらないようにしてほしい・・・切に願います。

| | コメント (4)

2006年8月 2日 (水)

手相でこんなお話

マッスルを観に来て下さった皆さん。本当に有難うございます。その上、差し入れまで頂いちゃったりなんかしたときには、いっつも泣いてます嬉しくて(泣)。

今日はマッスル終了後、事務所が一緒の京さんと、お仕事で以前からお世話になっている方々とのお食事会に行きました。それまで私はその方々とプライベートでご一緒させて頂いたことがなかったんですが、オンのときにお会いするのとオフのときにお会いするのとはやっぱり違いますよね。何が違うって、話の内容が(笑)。

終始和やかな雰囲気で会話も途切れることなく進んでいきました。

宴もたけなわになった頃、ちょうど手相の話題になって、手の相のあるポイントだけを見ることができる京先生(以前、手相の先生に2,3本の線だけ教えてもらったんだそうです。)に全員見てもらったんですね。するとほぼ全員(参加人数10名)が面食いでエロ~い人だったんです。そんな中私は意外と面食いではないことが判明。中身重視の人だったんですよ。ま、私のことはさておき、今まで知らなかった今まで知っていた人の生態!?をすこーし垣間見ることができたような気がして、とっても興味深く面白かったです。

次にお会いするときはオンもオフもちょっぴり知った状態でお顔を合わすことになりますが、相手の方も京先生と私のオンとオフを知っているということになりますから、なんだか新しい関係が築いていけるといーななんて思っています。人とのコミュニケーションって結構、いや大変重要だと思うんですね。たまーにこういう機会があるといろんなことがいい感じ。かも。

お仕事も頑張れそうです。「この方達となら」って、やっぱりモチベーションも人とのつながりで上がったりしますからね。

| | コメント (4)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »