« 手相でこんなお話 | トップページ | そういえば・・・ »

2006年8月 3日 (木)

怖くて痛い

ふじみ野市のプールで女の子が吸水口に吸い込まれてしまうという、プール人の私としてはとっても衝撃の事件が起こりました。プールにあまり入られる方でなくてもこれはかなりショッキングなことだったと思います。

「えー!?人の身体が吸い込まれてしまうの?」

そうなんですよね。吸水口って実はすごいんですよ。マッスルでも毎日プール?水槽?に入っていますけど、どのプールにも必ず吸水口が配水口があって水を循環するシステムになってるんです。マッスルのプールにははしごでプール(夏公演では私、飛び込んでますけど)に入っていけるようになっていて、ちょうどそのはしごを降りて身体をちっちゃくして首まで水に浸かったおしりの位置に直径10センチないぐらいの吸水口があって、その場所を覚えていないうちはいっつも「痛ーっっっ!!」って誰かが言ってました。もちろん私も。すんごい勢いでおしりや太腿が吸水口に吸い寄せられるんです。まじで「バチッ」って音がなりますよ。痛さとしては結構な強さでしかも丸型のピンポイントヒット。掃除機で手とか足を吸い込んでみた経験がある方で比較するとその3倍から5倍ぐらいの吸引力でしょうか。

管理のことですごくずさんな体制が取り沙汰されていますが、本当に危険なんです。注意の喚起になってほしい。そして絶対にこんな事件が起こらないようにしてほしい・・・切に願います。

|

« 手相でこんなお話 | トップページ | そういえば・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当に残念で、痛ましい事故です。
本来、皆が笑顔でいられる場所で、悲しい出来事が起こるのは、なんともいたたまれません。
スポーツの世界でも、格闘技など危険を伴う競技ほど、また、名のある団体のメンバーほど、規律や管理に厳しいのは、まず、誰よりもその怖さを知っているためだと思います。
メンバーの中でも、スケジュールの厳しい武田さんや、弘道お兄さんが、人より早い時間に入って、アップをしているのには、安全という面でも頭が下がります。
出演者の方々も、故障や、そして事故など無いよう、これからもお気をつけください。

投稿: ハラハラ | 2006年8月 3日 (木) 22時27分

毎年、吸水口に関係する事故を聞きます。美保さんたち、大人でもそんなに痛い思いをするなんて、驚きです。私も小さい頃市民プールで(今考えるとおそらく吸水口)丸い痕を手につけて喜んでいたような・・。吸い込まれる感じがおもしろくて。でも、昔はそんな事故あまり無かったような気がするのは、自分が小さくて関心が無かったからだけなのでしょうか?
このような事故が起こらないことを祈るのみです。そして、大人の私達が出来ることは何かを考え、子どもたちを守って行かなければなりません。

投稿: Mママ | 2006年8月 3日 (木) 22時35分

僕は、
武田美保さんの笑顔が忘れられずに水泳を始めました。
明日、葬儀のようです。
電報とかでも、瑛梨香のためにして
あげてほしいなって思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20060805/20060805-00000612-fnn-soci.html
マスコミでは、原因を追求する報道ばかりで…
寂しいです。

投稿: もじもじ | 2006年8月 5日 (土) 22時30分

行政の怠慢が、ちっちゃな子の命を奪ったことは悲しいですね。ふじみ野市も市内の学校を含んだプールをすべて封鎖したとか。早急に点検して、再開してあげてほしい。悲しむのは子供ばかりだから。

投稿: ごろ- | 2006年8月 6日 (日) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手相でこんなお話 | トップページ | そういえば・・・ »