« 物件あれこれ | トップページ | 大変大変 »

2006年11月13日 (月)

これだけは言いたい

しばらくテレビッ子じゃなかったんですけど、先週末はかなりそのブランクを埋めました。

何の番組を見ていたかと言いますと、「教育問題について」です。ここ連日思わず耳を塞ぎたくなるようなニュースばかり。これは、本当に今考えなければいけない最重要事項ですよ。急がなければなりません。連鎖をどうにか断ち切らなければ。

教育関係者や子を持つ有名タレント、評論家、専門家の方々が色々と「いじめ」や「学級崩壊」「親」「先生」についての意見や見解を熱く述べていらっしゃいました。思わず「そうやそうや。」と頷いて聞いているものがあったり、「えー・・・?そーかぁ?」と思うものもあったり。

私自身まだ子供もいないし教職についている訳でもないので、偉そうなことは言えないのですが、ただこれだけは。

とにかく、躾は学校ですることではないと思うのです。三つ子の魂百までとはよく言ったもんだと思います。ちっちゃい頃から、物事の善し悪しをしっかり周りの大人達、特に生まれてからずっと一番近くにいる親が責任を持って教えてあげなくてはいけないと思うんです。物心がついてからなんてもう遅いです。躾はそれを言い放つだけでなく、ちゃんと子供が理解したかどうかを最後まで確認しなければいけないと思います。たくさん会話をして子供の心理状況を把握し、何かよくない表情を子供がしているのであればすぐに察知し、必ず言葉で思いを吐き出させる。子供は、いえ、大人でも恥ずかしいことは言いたくないです。思春期なんて特にパーソナルスペースを超えてこられることを嫌がると思いますが、スペースをこじ開けてでも、親がそこに入りこめる術を知っていなければいけないのではないかと思います。だからこそ、小さいときからの会話の多さが重要なのだと思うのです。必ず、子供の言いやすい雰囲気を作ってあげて吐き出させて。そしてそれに成功し、仮に「いじめられている」という事実を告白したならば、学校に協力は求めてもまかせっぱなしではいけないと思います。親と子でタッグを組んで、一番いい方法を考えに考えて行動を取る。「自分は一人じゃない。何があっても味方になってくれる人がいるんだ」と子供に感じさせてあげて下さい。言葉だけじゃなく、表現ができる全てのことを使って感じさせてあげて下さい。

はぁ・・・。何だかつい熱が入ってしまって、すいません。とりとめなくって。でも、私の実体験なんです。家での会話のお陰で、色んなことから救われました。

家では隠し事ができなかったんです。というのも、よくこのブログにも登場する母がですね、とんでもなく勘が鋭いんです。嘘をついても絶対にばれるんですよ。本当にすごい。真面目に「私に盗聴器か発信機付けてる?」と尋ねたこともあるぐらい。

小学5年生のときにこんなことがありました。原因が何かわからないんですけど、上級生から目をつけられ、私が廊下を歩いていたり運動場で遊んでいたり、登下校中に「お前うっとおしいねん。」のようなことを突然言われ始めたんです。2、3回それが繰り返されたときにすぐに家に帰ってそのことを母に話しました。そうすると母が「学校の生徒名簿持ってきなさい」と強い口調で言いました。そして言うとおりに持ってくると、「その子達の名前わかってるんか?わかってるんやったら、今ここで一人ずつ電話して「どんな理由があってそれを言ってるのか」を聞き出しなさい。自分でしなさい。自分でしないと意味がないから。お母さんここで聞いといてあげるから。」と。私は怖くて「無理や、できひん。」と最初は泣いて動かなかったんですけど、「しなさい。その子らはあんたの怖がってる顔を見て楽しんでるんや。だから違う反応をしなあかんねん。電話で絶対相手はびっくりするはず。言葉ははっきり話しなさいよ。言い方も教えたげたやろ。」

勇気を出して電話をかけました・・・。

その翌日、上級生達から「今までごめんな。服とか変わった格好してたから、嫌なこと言ってしまった。」とお詫びが入りました。私は心の中で「お母さん、ほんまやなぁ。相手びっくりしはったみたいやわ。」とつぶやいていました。

私は末っ子の長女だったので、母も服を色々と選んで着せてくれてたんです。(注意※決して、私、お嬢だった訳ではありませんから。あしからず。)服が好き、というのも、そんな苦いエピソードも、全て今の私という人を形成してくれる要因でこれからも大切にしていきたい記憶です。

このブログを、どの年齢層の方がお読みになっているのか見当もつきませんが、どの方の心にも何かが残るといいなと思います。

いじめられている人。うまく言えませんが、思考を止めないであともう一歩、考えてみて。ここから動ける方法をそれも一人じゃなくて近くにいてくれている人と力を合わせて考えて、そして行動をとってみて。少しかもしれないけど、何かは必ず変わるから。

いじめてる人。それをすることでどんどん人としての価値を下げていることに気づいて下さい。いじめて「すっきりする」なんて言葉を吐いてるあなた。そう言ってるときのあなたの顔を写真で撮ったとしたら、目がつり上がって最高にブサイクな顔なはず。あなた達の未来の子供がいじめられる側になったら・・・と想像してみて下さい。

|

« 物件あれこれ | トップページ | 大変大変 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 私は民間のカウンセリング講座を終了し、現在3年ほど継続してカウンセリングを受けていますが、やはり、相手の話に耳を傾ける事はとても重要な事だと思いますね。

 よく親から「ああしなさい、こうしなさい」、「いつまでも泣いているともうあそこへは連れて行ってあげないよ!」などという発言を聞きますがもうすこし今日は何があったのか、嬉しかったのか、寂しかったのか、何で泣いているのかよく話を聞いて共感してあげる事が大切だと思いますね。

 話を聞いてもらった本人は案外自分で立ち直り、行動して解決していくもののようですからね。コミュニケーション不足の問題は親子、夫婦、職場等色々なところで影響を及ぼしているように私には見えます。

投稿: げんごろう | 2006年11月13日 (月) 19時24分

初めまして。
子供の躾。
まず親の責任ですね。私もそう思います。
人としてのあり方や,家庭の外に出ても周囲と協調できるように教えることに最大限の努力を尽くすことは最低限必要でしょうね。
ただ,我が身を省みて,どこまで出来ているかは,冷や汗ものですが(苦笑)
なお,家庭だけでなく,学校でもしつけは大事だと思います。
子供にすれば,家庭を離れた社会生活を行う場所。
家庭とは異なった観点でのしつけが大事だと思います。
そのような躾を行なうのは,その場にいる教員でしょう。
しかしそのようなことの出来る先生は,かつてより減っているのかもしれません。
遠足に向かう生徒(特に幼稚園児や小学生)に対する,先生の態度。はっきりしますね。
生徒と共にふざけているだけで,周りの乗客に対する注意すら全く行わない教員を見ますと情けないものを感じます。
 せっかく家庭で躾が出来ていても,それを台無しにすることさえあるのでしょうね。

投稿: ojiyan | 2006年11月13日 (月) 20時07分

タケミホさん吠えましたね。
そんなブログを見ていて勇気を与えられます。
年のせいか、ニュースで言っていることほど頻繁に人の命ってそんな簡単に絶たれるものか?と不思議になります。
世間、マスコミでは学校をせめている報道ばかりしていますが
むしろ家庭にも原因は無いでしょうか?と思ってしまいます。
タケミホさんの言われるとおり、家庭の親がしっかりしてさえすれば、いじめなんてなんでもないのでは?
それと先生なんて所詮他人。身内ではないのです。
先生1人に対し、生徒40人近くもいたら全員の面倒なんて見れるはずが無い。そして心の仲間でのケアはできるはずもない。
そう考えると子供の面倒を見るのは親ですよね。

投稿: みほりん | 2006年11月13日 (月) 23時55分

私もただのたけみほミーハーファンではありませんよおー!実は先程まで知り合いの小学校の先生と飲んでまして今の世の中?について話し合ってました。ラーメン屋のマスターも交えてですが、結論は親の過保護ということです。みほさんのお母さんのような親御さんばかりなら、自殺やいじめなんて無くなるのに。なんか、悲しくせつないです。なんとかならんのかなあ?

投稿: ごろー | 2006年11月14日 (火) 00時30分

いじめられてる子、いじめてる子、もっと考えよう!大切な事は思いやりだよ?うまくいえへんけど。

投稿: ごろー | 2006年11月14日 (火) 00時37分

今のよってたかって誰かを責める報道のやり方も、いじめを彷彿とさせますよね。

一番怖いのは、過熱した報道が更に連鎖を呼んでしまっている事です。
大きな問題なのでニュースとしてもちろん取り上げる必要はあるのですが、
メディアには慎重になってもらいたいものです。

たけみほさんのお母さんのエピソードはとてもよい話ですね。立派なお母さんだ。。。
解決法を見つけられない子や親も大勢いるでしょうから、
是非とも伝えてあげたい話です。

ニュースになった問題を起こした生徒達は、いまだに別のターゲットを見つけ出して
いじめているという報道もあります。恐ろしいです。
今の子供達は情報ばかりが氾濫して、成熟より知識が先に入り込んでしまい
想像力や人の気持ちになって考える力が欠如しているのかもしれません。
だとしたらある意味不幸ですね。

とりとめのない文になってしまいましたが、
いじめる側は確実に、そうしないと自分が保てない弱い人間、つまらない人間です。
そんな人たちに負けて欲しくないですし、自分ではどうにもならないと感じるほど追い込まれても、
何とか逃げ切って欲しいです。

投稿: とととと | 2006年11月14日 (火) 02時28分

タレントさんや、アイドルの皆さんのように
その世代に影響のある人たちが訴えることも大事ですが
武田さんのようなトップアスリートのみなさんが訴えること
とても影響力があると思います。

ここ最近多いのは、体育の授業が減ったり、
部活を昔ほど推進しなくなったり
体を動かす機会が減っていることの影響は大きいと思います。

筋肉を動かすことでやる気、元気、前向きのホルモンが出ると
聞いたことがあります

スポーツ嫌いな子は、学校で体動かさなければ
ほかでスポーツすることなどないので
学校での体育はとっても重要だと思うんです。
みんなが楽しく体を動かせる、スポーツが好きになる体育の授業してほしいです。

きっと、スポーツで日本はよくなるんです。

投稿: 勝利の女神 | 2006年11月14日 (火) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 物件あれこれ | トップページ | 大変大変 »