« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月30日 (水)

テレビの見方

たくさんのコメント有難うございました。とっても心が温まりました。ほんと、これからも頑張りますので「それいけタケミホ」をこれからもよろしくお願いします。

今、部屋のテレビがついていますが、ちょうど「ぷっすま」やってます。記憶力絵心クイズが前から好きなんですが、今日がまさにそれですね。私はいっつもテレビ番組を観ながら「もしこの番組に出たら・・・」イメージをしてみるのですが、間違いなく私、画伯になれるかも(笑)。だって今日のやつ、ドクタースランプのガッちゃんとか、銭形のとっつぁんとか絶対無理。ガッちゃんで覚えていたのって羽だけだし、銭形のとっつぁんなんて、下睫毛がやたら印象に残ってるから、それを強調して書くと確実にえらいことになりますもん。

テレビ観ながらブログ書くと、あっという間に時間が・・・。ほっとつかの間のテレビタイムの過ごし方。もしも・・・で観ると面白いのでちょっとお薦めしておきます。

| | コメント (5)

2007年5月27日 (日)

皆様へ

コメント様々頂いておりますが、まず、

すいません。

そして、

有難うございます。

契約上、ブログ上に載せる時期や内容など確認を取ったり書けないこともあるのですが、とは言え、そういう風に感じられる方がいらっしゃるのもまた事実で、これについては申し訳なく思っています。ごめんなさいね。今後も似たケースがあるかもしれませんが、もちろんできるだけ早く情報としてお伝えするように務めますし、私としてはこれまで通り「本音で、のほほんとしたブログ」というのをモットーに続けていきたいと思いますので、ご理解頂けると幸いです。

あと、お寿司の件ですが、ビルジニー達は普通のお寿司屋さんには何度も行ったことがあるので、そこであえて「回転寿司」ということなので、ご指摘頂きましたがそこのところご容赦頂けるようお願い申し上げます。

さて、今日はこんなことを練習しました。

陸上でちょっとしたダンスというかポーズを取るような場面があるのですが、それをですね、今回振り付け師兼ダンサーで出演するジェーニャさんに指導して頂いたんです。

彼は一体どーなってるんでしょ。何をやっても格好いいんですよね。さりげなくて、しかも色っぽい。私、完全に色っぽさで太刀打ちの仕様がありません(悲)。しかしそこは奮い立たせて、もう一度・・・。うーん。彼の動きを見てかなりなりきり度満点で動いてみるんですけどね、何かが違う。

私、腰の動きが硬いっ!

本番までに必ずや克服します!!

ビルジニーもなれない動きに珍しく苦戦。彼女と共に明日はジェーニャが開いているサーカス団員のためのジャズダンス教室に参加する予定でございますー。

| | コメント (7)

2007年5月24日 (木)

いーです!回転寿司

今日はなんと回転寿司屋さんに行って来ました。

回転寿司屋さんってなんか面白いですよね。私、好きですねー、あの雰囲気が。回ってくるお寿司を見て、「何食べよっかなー」って選ぶわくわく感がたまりませんな。

今日行ったところは新鮮なネタが自慢の店。お気に入りは「いくら」と「大甘えび」でした。うん。満足(笑)。

何より、一緒に行ったビルジニー・デデュー達が気に入ってくれたのが嬉しかったです。帰りのタクシーを待っている時に「今日の回転寿司というアイデアがとってもよかった。」(もちろん、通訳さんに訳してもらって)と、お褒めに預かりましたでございます。いえーい。すごくお魚が好きみたいで、しかも生が。喜んでもらえる顔をみると、私もハッピーな気持ちになります。

さて、元気になったところで明日も頑張ろうっと。

| | コメント (10)

2007年5月21日 (月)

人生は挑戦だ!

私、大きな壁を乗り越えました!

シンクロファンの皆さんはご存知だと思うのですが、チーム競技で「リフト」と呼ばれる、かなりアクロバット的要素を含んだ動きで、土台となる人の肩や腕から水上に高く飛んだり、持ち上げられたりする大技があるんですね。この上に持ち上がる役の人というのは、たいていチームの中では小柄、あるいは細くて身軽。そして体が柔らかく、それにプラスα蹴る力(瞬発力)が強い人が担当になります。

上での条件で言えば、私は小柄の方ではなく、「足首だけが軟らかい」とかなんとか書いていた前のブログの時にも言いましたが、体は硬い方。瞬発力はある方でしたけど、前出の条件にあてはまらないので、選手時代はもっぱらリフトでは支え役でした。体がカチっとかたーく倒立姿勢を保つことができるのをかわれて、アテネでは倒立のまま高く持ち上がるリフトの上の役を務めたことがありますが、そんなぐらいでしたか・・・ね。

前置きが長くなりましたが、結局何の話かと言いますと、私がリフトの上役、しかもバック転でジャンプすることになったのです。

ビルジニー・デデューは皆さんの見られた印象の通り、リフトの上役の条件を全て備えている人なので経験もあり難なくできるんです。私は、1度も挑戦したことのない動きに、「これは・・・あとで個別に練習しないと、今フィーリングでやっちゃうと怪我するなぁ・・・」

はい。とってもヤバイでございました(苦笑)。

昨日のリハーサルの最後に決死の覚悟で、ロシアのシンクロメンバーで土台をやってくれるオルガとコーチ役にビルジニー・デデューについてもらって初練習を決行。それだけでなく、松任谷さんとジェレミーさん(ビルジニー・デデューの本国フランスのマネジメント兼事務所社長)、通訳の皆さん、ロシア語担当の方、フランス語担当の方、サミット並の体制でその練習について下さっていました。

まずはタイミングと飛ぶ方向を覚えるために、ただジャンプして後ろに落ちるという動きを練習。3回ほどで「飛べそうよ。トライしてみよう!」ということになりました。

ほんっと、緊張しました。

えいっ。

バッシャーンと、太ももに水が当たりました。当たった場所が「太ももってことは・・・?」そう、そうなんです!成功なんです!!

思わずオルガに「ありがと~っ!スパシーバ、スパシーバ!!」とかなり熱いことになってました(笑)。

まさか、現役中にしなかったことを引退してから挑戦するなんて。正直、本当に嬉しいです。皆さん有難う~。メルシー。スパシーバ。

| | コメント (3)

2007年5月19日 (土)

細胞覚醒

マッスルミュージカルのラスベガス公演班が旅立ち、私も新たな環境での生活がスタートし、「時間は流れて行くなぁ・・・」なんてしみじみしてしまいます。

シャングリラのリハーサルに参加して、まず驚いたのが舞台装置のスケールの大きさ。「あらーっ」って思わず口が開いちゃいましたねー。3月末ぐらいに来日してリハーサルを積んでいるロシアのサーカスアクトのパフォーマーさん達の演技を見ましたが、これもすごかった!「どんななってんのん?」って、やっぱり口が開いてしまった私でした。これにライティングがほどこされるとまさにシャングリラ(理想郷)。ユーミンさんの歌の世界観と物語のテーマに、これから私もどっぷりはまってスタッフ・キャストの皆さんと共にシャングリラを作り上げていければと思っています。

今回一緒に泳ぐビルジニー・デデュー。彼女は音楽を聴けば勝手に体が何かを表現するように動くんです。真のアーティストぶりを目の当たりにして、武田美保、刺激受けまくりです。

そして、松任谷正隆さん。松任谷さんとお話していると、本当ぉーに想像力の勉強になります。イメージの伝え方や表現がリアルでかつ繊細で、私も細胞全部を覚醒させてそのイメージを体現すべく取り組まなくては。

うー大変や!頑張らな。私。

| | コメント (1)

2007年5月15日 (火)

なんと、明日からなんです。

明日からいよいよシャングリラのリハーサルに合流しますー。英語、フランス語、ロシア語、日本語が飛び交う、なんかきっと不思議でおもしろい世界なんでしょうね。

語学ブック片手に異文化コミュニケーションと、そしてユーミンさんの音楽の世界観をパフォーマーとして、一員として、作り上げて行くことを誓いますっ!!

明日からどうなることやら想像もつきませんが、それも遠足前のうきうきして楽しみな夜のように、用意周到に今日は今からお風呂に入ってもう寝る体制を取りたいと思います。

行ってきまーす。また籠もり先からブログ更新しまーす。

| | コメント (2)

2007年5月11日 (金)

関西弁英語って・・・

今日は、舞台とはまた違う種類の緊張をした日でした。

スタジオというか、ナレーションの声などを録音するブースがあるんですけど、今日はその通り声を入れるお仕事がありまして。これまで何度かそのブースに入ったことはあるんですけど、入ればいつも例外なく緊張してしまうんですよねぇ。しかも異様に。これどうにかしたいです。だって、椅子に座っていて立ち上がったときに足の付け根が痛いんですもん。相当体にきゅー力入ってるねんなー思います。普通座っていて付け根筋肉痛にはならないですよね?また自分の体の不思議なとこ見つけてしまったかも・・・

なんとか最初の頃よりは慣れてきて、噛んだり早口になったりは減ったんですけど、やはり言葉につまると苦しい。すらすら出てこなくなる。ひやー。今日もそれっぽいのありましたし。一緒にブースに入って下さった方には本当におんぶにだっこで話しやすい雰囲気と答えやすいパスまでつくって頂いてしまって。それでどうにかこうにかって感じでした。

一番自分でもびっくりするのが、英語の単語を話しているのにその単語が関西弁のイントネーションになってしまうこと。もう、無理・・・(泣)。武田。改めて関西弁で生きていくことを決意です。

今日の声入れが何の番組だったか、それは乞うご期待ということで。ヒントは関西弁英語で。テレビがついててそれが聴こえたら、きっとそれが今日の番組。

いえいえ。詳細情報ホームページで流すのでまたチェックしてみて下さいませ。

今日は阪神もようやく勝ってくれましたし、この付け根の筋肉痛は1日ちゃんと真剣に

| | コメント (5)

2007年5月 8日 (火)

アゴ温存

今日は1日よーけしゃべりました!

朝からずーっとしゃべってしゃべってしゃべりまくりです。8時台のラジオのゲスト出演を皮切りに、多種多様にしかし全て話すお仕事の5本立て!!

さすがにアゴが疲れています。しゃべりすぎでアゴが疲れるなんてなんかすごいですよね。と、自分で思ってます(笑)。

今は家に帰ってしーんと黙ってブログしてます。当たり前か。ブログ更新しながらずっとしゃべってたらちょっと怖いし。明日もマッスルで声出さないとだめなので今日はアゴ?温存して休ませることにします。

| | コメント (4)

2007年5月 5日 (土)

私のライフライン

昨日は本当に何年かぶりのとっても苦しーい体験をしました。

マッスルミュージカルで、なんとノーズクリップのトラブルが!!改めて、あんなに小さくて変な形のものが私のライフラインとなる大きな存在であることを痛感。

めちゃくちゃ頭痛いし、鼻痛いし、のどと気管に水は入るし、むせるし、息は苦しいし・・・はぁ。終了後、マッスルではファンの皆様と写真撮影会があるのですが、その時来て下さった方々には「ノーズクリップ取れてましたね。大丈夫でしたか?」と心配をして頂く始末で・・・ほんと苦笑いでした。すいません。そして温かいお言葉有難うございます。

2003年の日本選手権のデュエットフリールーティン予選でノーズクリップが演技中に取れてしまったことがあるのですが、それ以来。この時も死ぬ思いでした。なんだか穴という穴から水が通り抜けていく感じ?というのでしょうか。水中の倒立姿勢になっているときはもちろんのこと、水面上に顔が上がってもどこを通り抜けてきたのか、鼻からも口からも目からも「だー」って水が出てくるんです。本来、息を吸うための穴から、逆に水が出てくるんですから苦しいのなんのってね。比喩の仕様がありません。

松任谷由実さんのシャングリラに一緒に出演することになっているデデューはノーズクリップをつけなくても全然平気な人。むしろつけた方が苦しいらしく。うーん。すごい。私、なしでは生きていけない・・・。

こんなアクシデントが起こることも今一度しっかり想定して、引き続き頑張りたいと思います。

今日は大阪NHK放送で「かんさい土曜ほっとタイム」の10周年記念のラジオ公開放送がありました。ぼやき川柳大会も、多くの皆様のお陰でおおいに盛り上がり、その他豪華ゲストの方々のお話や演奏、歌声などなど盛り沢山で今日の放送が終了しました。今日はそのことにももっと詳しく触れさせて頂きたかったのですが、とりあえず今日はノーズクリップネタ書かなきゃってことで。また、明日、公開放送の模様をお伝えするブログを更新したいと思いますー。

| | コメント (2)

2007年5月 2日 (水)

1年はやーっ!!

本当に久しぶりにもう一つの方のブログを更新しました。あー、あかんあかん。両方更新バシバシ頑張りたいんですけどねぇ。でも、気張りすぎず、ながぁく続けていけるように頑張ります。

今日、辰巳国際水泳場に行ってきました。明日から実はシンクロ日本選手権なんです。大会期間中はマッスルの公演(ものすごーくマッスルしてますえー!)があるので、観には行けないのですが、とにかく世界水泳後から選手達がどう変化したかを観たくて公式練習を見学しに行った訳です。

その詳細は最初に書いたもう一つのブログ「スポーツナビ」さんに投稿しましたので、気になる方はチェックしてみて下さい。(と、実は気にしてほしい武田美保。)でしたー。

| | コメント (5)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »