« 千秋楽ドキュメント番外編 | トップページ | そうきたかー »

2007年10月19日 (金)

少女マンガな私

最近、私、あるスーパーアイテムを入手する機会を賜り、その絶大な威力に驚きが隠せません。

それは、1dayアキュビューディファインでございます。この製品がCMで流れ出した頃から、気になって気になって仕方がなかった私。でも実は私、ちょーがつくぐらい視力がいいため、コンタクトレンズとは無縁の人生を過ごしていました。かるーく両目2.0です。

余談ですが、今の私の年齢で2.0ある人は、45,6歳になる頃には激しく老眼間違いなしなのだそうでです。こんなに老眼になるのが早いなんて知らなかった・・・(悲)。これは眼科医に処方箋をもらう際に、先生から教えて頂きました。統計上、かなりの確立で当たるのだそうで。

ともかく、それまではディファインが魅力的な商品だと気になっていたものの、必要に迫られない限りは、やはり手が出せない領域の商品でした。

ところが、有り難ーいです。ある日、きっかけを頂戴することがあったのです。

眼科検診の後、いよいよ人生初のコンタクト装着です。

眼科医の先生につけ方を伝授して頂きましたが、いやーこれ、マジで難しいです。レンズがすぐ反りくり返るんですもん。表と裏の判別もかなり難しい。ようやく入れられたと思ったら、空気が入っているのか、1枚すりガラスを通して見る世界のような感覚。その理由。数秒後にわかりました。レンズの端がぺろっとめくれて目の玉の中央にありました。

格闘の末、ようやく正しい位置にコンタクトがおさまってくれると・・・

あーら不思議。少女マンガの登場人物が鏡の前にいるではないですか!お目目、うるうるきらきらぱっちり。なんとも嬉しい期待通りの劇的変化です。「わお、CMで観たままやーんっ」って感じです。(確か、目ぢからに自信のなかったモデルさんが、ディファインを入手し自信を持ってオーディションに臨むという演出のやつです。覚えてらっしゃいます?)

自分の目の玉をこんなにマジマジと見ることがなかったのですが、黒目の大きさがほんの少し変わるだけでこんなに印象までもが変わるんですね。

そして、実のところ、コンタクトってもっと目の中に異物感があるものだと思っていましたが、意外や意外。こんなに馴染むものだとは。

いや、きっと発売当時はこんなに馴染まなかったんだろうな・・・

コンタクトに限らず何でもそうですが、その商品が発売されると需要がある限り、安全面、使用感など涙ぐましい実験と研究を繰り返し、それを人々に認知してもらうように工夫して働きかけ、日々よりよい製品作り及び提供のために企業の方々は努力されてこられたんだなと、そんな想像に想いを馳せてしまう私でした。

とにかく、最近コンタクトデビューを果たした、少女マンガな私です。

|

« 千秋楽ドキュメント番外編 | トップページ | そうきたかー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

タケミホさん、こんばんは。私もディファインを愛用してます!初めは、黒のラインがくっきりになるものを使用してまして、その後、茶色のヴィヴィッドというのが発売されたので、そちらに切り替えて、以後ずっと使っています。ほんとですよね、ほんのちょっと瞳の輪郭が大きくなるだけで感激ですよね。それにしても、タケミホさん、視力2.0はすごいです!!

投稿: liz-sunflower | 2007年10月19日 (金) 22時32分

美保さん、こんばんわ。
そうですか、そんなにお目々パチパチになるコンタクトがあるんですね。
今度写真アップしてくださいね!
アスリートなタケミホは視力も超アスリート的で凄い!!
私なんか美保さんの百分の一しかないんですよ、ホントに(>_<)

投稿: マックファミリー | 2007年10月20日 (土) 00時33分

美保さん。瞳クリックリ!で素敵ですね。
元々、お会いすると、目を見開いて笑顔を造ってくださるので、目が印象的だと思っていましたが、確かに、輪郭くっきりの瞳は、ますます印象に残ります。
特に、今日は、使用前、使用後を見比べることができたので、コンタクトに拍手(パチパチ)です。

一般に、視力の低い人のほうが、潤んで綺麗な目に見えるものですから、2.0の美保さんは、そりゃ視力良すぎで、コンタクト入れるくらいのハンデをあげないと、良いところが偏ってしまうと言うものです。
私もそこまでは行きませんが、1.5の視力だったのが、ここ1年くらいで、いきなり視力が落ちてビックリしてます(これって、老眼?!)
視力の低い人の見え方って、なかなか理解できずにいましたが、「そーか、こう言う事なのね」って感じです。となると、私も、コンタクトですかね。

投稿: ハラハラ | 2007年10月21日 (日) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千秋楽ドキュメント番外編 | トップページ | そうきたかー »