« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月28日 (月)

代表決定!!フィギュアスケート観ました?

いやーん。今日の真央ちゃんの演技しびれましたぁー。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。。ジャンプが全て飛び終わってからのあのストレートラインステップのところなんてビシビシきましたねー。

本当に強い。あのメンタルの強さには感服します。あの緊張感の中でフリー、ノーミスですよっ!!メンタルもさることながら、その裏にはハートが強くなれるだけの徹底的な練習を積んで来たのでしょうね。今日に至るまでの真央ちゃんの葛藤に勝手に思いを馳せて、大袈裟じゃなく、ウルッと来てしまいました。

でも、今日は真央ちゃんだけじゃなく、中野選手と鈴木選手の演技にも鳥肌が立ちました。気迫がオーラとなって表れ、見入ってしまいました。試合というのは、やはり“特別な力”が働くものですね。そんなことを改めて思いました。その感覚が今では懐かしいですが(タケミホ33歳・・・)。

練習でいくらリアルに試合を想定した実践練習を繰り返しても、やっぱり試合のたった1曲、1本勝負の演技をするだけで、筋肉と精神の疲労度が全くの別物なんですよね。練習の方が断然長い時間、体を酷使しているのに。

トレーナーの先生もそう言います。試合後、筋肉をマッサージすると、通常の練習後とは全然違う筋肉の張り方をしているのがわかるんだそうです。

それはさておき、五輪代表の選考結果は悲しいかな中野・鈴木両選手の間で明暗が分かれてしまいました。特に惜しくも落選した中野選手は、トリノでも悔しい思いをされているので、その心中は察するに余りあるという・・・ホント、切ない感情が込み上げます。

五輪後の来年3月に世界選手権があるとのこと。中野選手はその派遣が決まっているので、ここでババーンと五輪組を差し置いて、圧倒的な優勝をさらって欲しいな、なんてことを想像して心から再起を応援したいです。

さぁ、いよいよバンクーバー。今から楽しみです。こんなに熾烈な戦いを勝ち抜いたという経験は、必ずオリンピック本番で生かされることだと思います。

あっ、そうだ。最後に話がびっくりするぐらい変わりますが、今日はもう一つ感動したことがあったんです。フィギュアの中継の後に、なんとなーくテレビのチャンネルを変えていたら、ものまねの番組の決勝戦の段階になっていまして、面白そうだったのでそのまま観ていました。優勝者はさすが匠の技、コロッケさんだったんですけど、私がびっくりしたのが『青木隆治』さんって方!

かなり情報遅くて申し訳ないんですけど、ブーイング出そうなんですけど、そうなんです。青木さん、初めて観ました!

美空ひばりさんの愛燦燦に挑戦するとナレーションが流れて、正直「美空さんのやつは男性だと難しいだろうな・・・。しかもめっちゃ唄上手くなかったらオリジナルからどうしても聞き劣りするし・・・」などと、評論家みたいなコメントを心の中でつぶやいていたんですが、出だしの「愛~燦燦と~♪」と聴いた瞬間、ぞわーーーっっって、鳥肌ですよ。「うーわ!!(゚ロ゚屮)屮?この人、どっから声出てんのんっ?天才ちゃうかっ!!」って、隣にいたうちの旦那様をバシバシ叩いてました。

その後、ネットで青木さんのことを調べて、他のものまねレパートリーも動画で観てみたんですが、どれを聴いてもやっぱり凄い!!いやー。こんな凄い方いらっしゃるんですね。

って、今日のブログの最初のネタと落差ありすぎな感じですが、ごめんくださいませサヨーナラー(_´Д`)ノ~~。

| | コメント (4)

2009年12月24日 (木)

メリクリです。

Merry Christmas!!ですー。皆様☆。
イブの夜をいかがお過ごしでしょうか?

っていう質問。以前のタケミホは切ない思いで聞いてましたねぇ…(今、遠い目してます。)。

恋愛話が異常に盛り上がる年頃の時分、私ってば全くクリスマスにいい思い出がなく、まさにシンクロが恋人。もし質問されたら「普通です。通常通りです。日常そのものです。それが何か?(きっ(眼光鋭く))!)」と色気のない、いや、むしろ質問を強制終了しようとするような返答をしていたと思います(苦笑)。

さてさて、そんなイブの今日、ディナーの時間に名古屋駅近くを歩いていました。すれ違う人の波を観察してみると本当に色んな方がいらっしゃいましたよ。

もちろんカップル。家族。合コンらしき3対3の男子と女子。女子だけの団体。そういえばなぜか男子だけ団体はいなかった…?一人で足早に歩いている人。待ち合わせしているらしき人。牛丼掻き込んでいる人。などなど。

単身赴任などの事情で家族と会えなかったり、好きな人と一緒にいられないちょっと寂しく切ない思いでいたり、とある場所では幸せを噛みしめる素敵な瞬間があったり、厳かで穏やかな気持ちでいたり、感情も悲喜交々だと想像します。

一緒にいる人も、場所も、過ごし方も、それぞれ違いますが、でも私が今日お伝えしたいのは、皆様どうぞご健康でお過ごし下さいませ。おばあちゃんみたいなことを言ってよようですが、健康が何より、ですよね。健康ありきで、色んな思いもできるんですもんね。
何だかよくわからない展開になってしまいましたが、これにて。

| | コメント (3)

2009年12月18日 (金)

テレビっ子してふと思ふ

きゃー。今日ってもう12月半ば過ぎちゃってますねっ(@Д@;。たいへーん。また、ただただ時間だけが経過してしまってます。と、ブログの記事作成ページを開くたびに思うタケミホであります。

さてさて、この時間に家にいることはあんまりないのですが、今日は偶然居りまして、すっごいテレビっ子してます。

昼ドラとか、こりゃハマりますね。続きが待ち遠しいったらありゃしません。ドラマの再放送もがっつり観てしまってますし。

で、その合間、浅田真央ちゃんの出演しているCMが何度か流れました。

それで思い出したのですが、真央ちゃん。いよいよ、クリスマスが過ぎたら日本選手権ですね。背水の陣で臨む試合だと思います。バンクーバーの切符を獲るために。

前回のトリノは、日本の中でも抜群の成績を修めながら、年齢が足らずに出場できませんでした。いろんな思いを抱えてトリノオリンピックを観ていたんじゃないでしょうか。そして、年月が流れ、誰もが「次は真央ちゃんだ!」と押しも押されぬトップアスリートに。まさに満を持してって感じで今季を迎えたような。そんな印象を持っています。

間もなく行われる日本選手権は、伸るか反るかこの上ない緊張感を背負っての大会になるでしょうけど、でもここで真央ちゃんが打ち勝てば、その強い信念が体に何かの形で宿ってそのその命じるままに動くことができれば、きっと切符は真央ちゃんの手に。そしてそんな経験ができれば、もしかしたらバンクーバー本番の方が背負う物もなく伸び伸びした演技ができてあっさり優勝!!なんてことが起きるかも(* ̄ー ̄*)。

真央ちゃんのこと、私、とっても好きなんです。お話ししてもとても気持ちのいい方。本当に頑張ってほしいです。

| | コメント (6)

2009年12月 8日 (火)

もう少しがんばりましょう。

たくさんのコメント有難うございます。「こりゃ更新頻度上げなあかんな。」とコメントを読ませて頂く度に思うんですけど、うーん。結局一瞬だけで、持久力ゼロのタケミホ。更新おっそーの日々であります。

来年度の目標は「継続力強化」にしようかと、思ったりしてマス。

あ、でも、少しだけ自分の直したいところで前進したこともあるんですよ。行き当たりばったりをなくしたい・事前の準備はしっかりやっておく、みたいなことです。

一つ挙げれば、年賀状に着手しました!って、皆さんにとってはこんなの普通やんっ・・・のお話なんですが、いや、しかし私にとってはすごい前進なのであります。いつもより相当早いんですっ。なんとも情けないお話ですが。

あとは、家の掃除を徐々にやり出しています。おおー。タケミホすごーいヽ(´▽`)/。

この掃除を前倒しできた理由は実は他にあるんですけど、結果オーライ。ただ、内訳を言いますと、私個人の力ではないところが味噌です。(味噌ってなんや?)母のヘルプに感謝です。

来たるべき新しい年を迎えるに当たってちょっとずつでもやれることをやっていこうと、今日も気合入れて頑張って参ります。

| | コメント (4)

2009年12月 2日 (水)

偶然過ぎる出来事

割と『偶然』ってヤツが、私の身の回りでは起きたりするのですが、最近こんなことがありました。

京都新聞の「あの頃の私(京都ゆかりのスポーツ選手へのインタビュー記事で、子供の時にターニングポイントとなった出来事や言葉などを紹介されます。)」という連載ページに、取り上げて頂くことがありまして、その掲載が去る25日だったんです。(またや、タケミホ。その日に書こうよ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~。)

その当日、私は朝から移動のため新幹線に乗っていました。比較的早朝に家を出たので、まだ眠くって、座席に座るや否やスナワチネルの即寝状態(笑)。新横浜で到着を知らせる車内アナウンスが流れるまで、結局一度も起きませんでした。何しろ車掌さんの切符の確認だって寝る前から対応済みですから(笑)。座席の手すりに切符を置いて置いたら、知らない間にやっておいて下さってました。

私は次の品川で降りるので、覚醒し切っていない頭のまま、のそのそ降りる用意をし出したところ、あるロマンスグレーの紳士に「武田さんですか?」と声をかけられたんです。

「あ…はい…。」と返事をすると、その男性は「今、たまたま新聞を読んでいたら武田さんの記事が載っていまして、そして、ふと見たらすぐ近くの席にお座りになっていたもので。お世話になり有難うございます。私はこういう者です。」とお名刺を頂戴しました。

それを受け取らせて頂きながら、「…ん?なんで有難うなんや?不思議なことをおっしゃる方やなぁ。」なんて思って名刺を見ると、おーっと!!そう来たかーっっっ!!!の衝撃の事実が。

なーんと、当の京都新聞社の代表取締役社長でいらっしゃったんですヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!。

何人にも取材をされている中の一人である私の掲載日がこの日であることは前日までまだ決定してなかったんですよっ!!本当だったら12月半ばぐらいか年明けぐらいが目処だと言うお話もあったぐらいでしたから。にも関わらず、よりによって掲載日当日に、同じ時間、同じ車両にその新聞社の社長さんと乗り合わせるなんて、こんな偶然なかなかないと思います。

確か、何年か前にこのブログ上で、温泉の話をしたと思うのですが・・・私の実家が学生マンションをやっていまして、その上に住んでいる学生さんの実家が城崎温泉で旅館をやっていらっしゃって、私が知らないで友人達と数ある温泉宿の中からそこを選んで行ったという話。20年以上学生マンションやっているのに、よりによってその学生さんがうちに住んでいる時にそれが起こるのが、凄いって話です。

不思議過ぎです。こんな偶然。ご縁ですね。だから世の中面白い!なーんて、名言出ましたー。

| | コメント (5)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »