« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月18日 (木)

聞いてくださーい!!

ちょっと皆さんに聞いて頂きたいことがっ!!

たぶん、私だけが勝手に興奮してるだけなんですけど、とにかく誰かにお伝えしなくちゃ黙ってなんていられないようなことがあったんです(@Д@;。なので思わず投稿です。

さっき、ハリウッド俳優のジュード・ロウさんがテレビに出演なさっていたのを観たんですよっ!シャーロックホームズの映画のPRのための来日とのこと。

だから何?って感じだと思うんですが、私、2日前、京都駅でご家族と共にいらっしゃったのを目撃していたんですっ。

その日、私も京都で講演のお仕事があったので移動していました。そして乗っていた新幹線が京都に到着しホームに降り立った時、その同じホームに、ご家族連れらしき(子供さんも3人いました。)外国の方がいたので、「ん?」とほんの少し観察したんです。印象としては「なんだか全体的に整った顔立ちのファミリーだな・・・。」と。あまりにも普通というか、周りにいた他の乗客の方々の誰が気づくということもなくそこにいらっしゃったので、私もとりあえず、改札口に向かって歩き出しました。歩きながら「待てよ・・・私、あの人達どっかで見たことある・・・?」と、思い出し始め「もしかして?えっ?そうなんΣ( ̄ロ ̄lll)?」と、いよいよ怪しくなり、チラ見を何度かさせて頂いた結果、「私の中ではそういうこと(ジュード・ロウさんと女性の方もあれはきっとシエナ・ミラーさんのはず。顔ちっちゃくて、足が真っすぐで細かったです。)にしておこうっ。」と密かに決めたんです。

京都駅では、もしかしたら東京よりもいろーんな人に会ってるかもしれません。宮沢りえさんや、そうそう、だいぶ前ブログに書いた気がしますが、ニコラス・ケイジさんにも過去すれ違いました。

タケミホ、ミーハーです。

今日はテレビを観てて、それが私の妄想ではなく真実だったので「あーよかったー。」という、どうしようもないオチのブログでございました。ご清聴を感謝します。

| | コメント (5)

2010年2月17日 (水)

キタ―ー―うれしいお店が!

キタ―ー―うれしいお店が!
キタ―ー―うれしいお店が!
キタ―ー―うれしいお店が!
キタ―ー―うれしいお店が!

じゃーん。今日はめずらしく画像たっぷりのブログなのでーす!と景気よくブログを始めたものの、「いつもこれぐらいしなさいよ(怒)」って声が聞こえた気がする( ̄◆ ̄;)。ひゃー確かにその通りでございます・・・。これからもっと精進しますぅ。

気を取り直しまして。

お写真の4枚目をご参照頂きつつ。今回私は銀座に間もなくオープンする、『コラーゲン東京』のオープニングレセプションに行かせて頂いて参りました~(イカセテイタダイテマイリマシタ・・・?あってるのかしら?日本語。ふと、不安に。)。お店のお名前を聞いただけで、美肌に近づきそうな、特に女子にはありがたいお店がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!という訳なのです。

ご一緒させて頂いたのは、見とれてしまうぐらい本当にお肌が白くて、お人柄がとってもカラッとして気さくな、それでいて美しい方、益子直美さんです。

この日、益子さんのラジオ(また放送日は追ってお伝えさせて頂きます。)に出演させて頂いたんです。終了後にその足で会社の方も皆でいざ銀座へ。

そもそも、私、オープニングレセプションというものにほとんど行ったことがなく、免疫無し状態。「一体どんなんなんやろ・・・?服装もこんなにラフでよかったんかなぁ・・・」と若干気後れ気味だったのですが、全然そんな心配する必要がありませんでした。店内に入った瞬間、とても居心地がよさそうなほわっと温かい明りの空間が広がっていました。奥行きのあるフロアで、美と健康というコンセプトにピッタリのインテリアや内装が施され、スタッフの方も皆さんはつらつとしていい感じの方ばかり。

座席に通して頂いて、早速メニューを開いてみますと、「あっ!これも食べてみたい。」と、目移りしてしまいそうなお品の数々。そのどれもが選び抜かれた厳選素材が使われていました。特筆すべきは写真1枚目のコラーゲンスープ!しっかりとお野菜と鳥で何時間も煮込まれたスープに、デトックス効果抜群の根菜類が入り、他にもきのこ、手羽先、たっぷりのおネギに、とどめはここにコラーゲンボール&ヒアルロンゼリーが入るんです!!とっても体に優しい、お味も優しい、なのにしっかり旨味のある絶品スープでした。

お料理はまだまだ続きます。あぁ・・・(只今回想中。)*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* バーニャカウダも実に美味しかったですなぁ・・・。お野菜そのものがとっても甘みがあって美味しい上に、ソースも好きな濃さというか、野菜によく絡んで、思い出しただけでもヨダレものです。

あと、私が気に入ってしまったのはドリンク、なんです。もちろんコンセプト通り、体にいい、例えば『お酢』などを使ったカクテルなどもズラリですし、「とりあえずビール」より、タケミホバージョンでは「とりあえず梅酒」というぐらい梅酒好きの私もびっくりのバリエーション梅酒があるんです。さらには、韓国料理屋さんでは必須の『マッコリ』が、こちらのお店ではなんと果物味があるんです!!私知らなかったです。こんなのがあるなんて。みかんと梨とぶどう味がありました。ぶどうだけは品切れになってしまって次回におあずけになりましたが、他のみかん・梨はトライすることができました。これがフルーツヨーグルトドリンクっぽい感じのお味でワーオ。まいうーっ。くいーっといけてしまうので、これはちょいと危険かも?マッコリって何気にアルコール度数高いですもんね。とか、しおらしい事を言っておりますが、益子さんも私も顔色の変化なーしっ。これは、ざるってことデスカ?

このマッコリについて、ちょっと裏話が。

ホールスタッフの方々も今日が初めての実践日だったこともあり、おそらく緊張感が漂っていたかと思います。そんな中でも、厨房から出来上がってきたお料理を、さすがプロですね!手際よくスタッフの方々はお客様のテーブルに運んで行かれていました。当然、私達のテーブルにも同様に。その時には「○○産の○○を使った○○で・・・」というように、必ずお料理の説明を添えて下さっていたんですね。

事件は梨のマッコリのときに起こりました。一人の女性のスタッフの方が

「お待たせいたしました。こちらは梨のもっ・・・

と、なんと『もっ』で詰まられてしまったんです。こーのとき、益子さん速かったわー(笑)。現役でいらっしゃった時のあの速攻スパイクかこのツッコミか、ぐらい速かったです。

「もっ、のあと何(笑)?」

ちょうど、バンクーバーオリンピックのスピードスケート男子500メートルで日本の長島選手と加藤選手が銀と銅のメダルを獲られたので(素晴らしい!!)、ヘビロテで映像が流れていたこのタイミング。日本選手のレーススーツの股の部分が、より動きやすさを追求した結果、優れた伸縮性のある素材で作られているという話も情報番組でやっていましたね。ここまで言うと・・・もう皆さまのお察しの通り。タケミホここから先は言えません。

あー、ほんっと笑いました(*^ω^*)ノ彡。

心にも体にもいい、美味しいお酒と美味しいお食事。これに笑いが加わって鬼に金棒。とっても素敵な時間でした。

皆さんも是非一度、楽しいメンバーと一緒に行ってみて下さいませ。お薦めです(・∀・)イイ!

場所:コラーゲン東京 銀座店

東京都中央区銀座5-9-5チアーズ銀座2F

℡03-5568-4527

です。

| | コメント (1)

2010年2月14日 (日)

バンクーバーオリンピックその1

国民が注目していたバンクーバーオリンピック、女子モーグルの決勝が終わりましたね。上村愛子選手ぅ~…本当に惜しかったぁweep

と、私も含めて、人は色んなことを言いますが、悔しいのはご本人が一番そうですよね。でも、自分の滑りは出来たという清々しい達成感も半分は有り…今はまだ言葉では表現のしようがない、整理のつかない感情でいらっしゃるのでは、と思います。私も元選手だった一人として、何となく複雑な胸の内が理解できるような気がします。

とにかく上村選手に「やっと身も心も解放できますね。本当にお疲れ様でした。」とお伝えしたいです。

しかしながら、モーグルという競技を改めてまじまじとLIVEで観させてもらっていましたが、すんごいですねっ。怖いですねっ。ほとんどスキー経験のない私にとっては未知の世界です。

雨と濃霧という最悪のコンディションの中、各選手のあの勇気には脱帽です。よく考えたら尋常じゃない競技だと思いませんか?

だってですよ、あのヤバいぐらいの傾斜角度+コブだらけのところを全力疾走で滑り降りるんですよねしかも、途中グルーン回りながらジャンプ(エアー)するなんて、大丈夫なんっ?って。

そんなところを安全に行こうと思ってちゃメダルは無いんですって!制御不能になるスレスレのリスクを取って攻めて行かなくちゃいけないんですって!!全選手、凄まじいプレッシャーだったと思います。わずかなミスが大転倒に繋がりヒヤッとする場面も続出していました。

結果としてメダルを獲得したアメリカの二人の選手と、地元カナダの選手。素人ながらに、この三選手の滑りの特にエアーではなくターンの方で共通点を見つけたのですが、とにかくなめらかなんですねー。滑りを効果音で表すとすれば大半が‘ゴンッゴンッゴンッゴンッ’なんですが、この方達は‘にゅ~るにゅるにゅるにゅる~’なんです(笑)。上半身が微動だにせず、いたって楽そうに滑り降りてるんで、画面ではあんまり速く見えないんですが、ゴールタイムを見たら27秒台ととてつもなく速くてびっくり。

‘ゴンッゴンッ’の人が速く見える時はゴンッからゴンッの間隔が短い時で、間隔が無くなれば無くなるほど「おーっ!速ーっ!」って思うんですが、そう見えた人はみーんな足を引っかけたり、取られたりして転倒に繋がっていました。

おーっと、ここで初めてのことです。文字数オーバー!続きは次回にーっ。

| | コメント (2)

2010年2月12日 (金)

盛り上がっていきましょー

盛り上がっていきましょー
バンクーバーオリンピック開幕とバレンタインデーが共に間もなくですけど、皆さん盛り上がってますかー?いえーい。パフパフ♪

あっどーもすいません、騒がしくて。

ちょっとでも気分を盛り上げようと思いまして。

いやいや、バンクーバーの方はお肌に吹き出物が出ようが、わたしゃ、観ますよっ。盛り上がってます。いー…ぇす!っしゃーっ。(←すさまじい気合いを表しています。)

ただ、バレンタインデーの方。

タケミホ。これまであんまりバレンタインデーだからと盛り上がったことがないんです。

流れからしてお察しの通り、手作りチョコを作ったりして、意中の彼に愛の告白経験というものはもちろんゼロ。

今思えばなんかやってみたかったなぁとか思っちゃって。だって女の子同士で「私、勇気を出して○○くんにチョコ渡すわ!」的な会話があって、で、友達の方も「うん。ガンバっ。」(死語?)みたいな返答をして…あぁ、眩しい。なんだかとても眩しく見えます(笑)。

妄想が若干、レトロな風味醸してますがそれはさておき。

昨日、とある番組内で柴咲コウさんが言ってました。自分から告白したことがないと。

私は告白したことがなくはないんですけど、2回あったかなぁ…学生のとき。結局うまくいきませんでした。バレンタインデーとは全然関係ないときに間が悪く勇気を出しちゃったので、もしかして男の子も時期的に意識をするバレンタインデーの不思議な力を借りたら、もう少しこちらも気持ちを上手く伝えられたりしたんでしょうかね?

うーん。そんなこと言っても後の祭り。ほろ苦い…。

今日のタケミホは、眩しかったり、苦かったり、なんか忙しいわっ。

チョコを渡すって行為は日本独自のものだそうですけど、だけど、女の子頑張って欲しいですっ!!私、これ、結構いい企画のイベントだと思うんです。恋せよ乙女っ。恋すると、様々な感情が胸に渦巻いて、情緒を豊かにしてくれると思います。綺麗になろうと努力もしますしね。すごく前向きなことなので、これを機にいっぱいいっぱい綺麗になりましょう!

| | コメント (6)

2010年2月 9日 (火)

ローカル線に乗って。

たまぁ~にローカル線に乗ると面白いことに遭遇します。

電車を利用した時間帯は夕方6時半頃。

遭遇したあの若者達は、見てとるに、おそらく学校から帰ってから私服に着替えて友達と買い物に出たその帰りらしい何組かの女子高生。

何が面白いって、流行が一目瞭然なんですよっ!

全然グループが違うのに、着ている服装がほぼ一緒なんです!
とにかく丈の短いジーンズのスカートかホットパンツの下には黒のタイツを履いて、必ずブーツ。前髪は有り。喋りながら皆めちゃめちゃ前髪気にしてました。そんな何回も撫でつけなくても大丈夫なのに(笑)。

仕草が可愛いかったです。

同じ様なのに少しずつ違うデザインだったり、ブーツも丈が微妙に違うから、なんていうか…ウーン(#+_+)、AKB48を観てるみたいな感じで伝わるでしょうか?ベースはチェックだけど、色や柄がそれぞれ違ってるーみたいな。

私、女子高生の時、どんな格好してたかなぁ…?

考えてみました。

学校が終わったらすぐに練習だったので、制服のまま。あまり私服がいらない生活でしたね。しかもチームに同い年がおらず、周りが全員大学生になってらっしゃる先輩ばかりだったので、私も感化されて、実年齢よりも大人っぽい服を着てたような記憶があります。背伸び背伸びもいいところっ。

先輩方はピアスをしたり、パーマをかけたり、化粧したりして華やかでしたぁ(井村シンクロクラブはそれらのことは大学生からOK)。だから、とにかく私だけ高校生っていうのが嫌で、眉毛もぼーぼーだったし早く卒業したかったです(笑)。

今日は何だか微笑ましい光景を見て和ませて頂きました。ということで。

| | コメント (1)

2010年2月 7日 (日)

餃子ーーーーー!!

今日、無性に餃子が食べないなぁって思ってたら、テレビで餃子のことやってますっ!

すっごい美味しそうなんですけどっ!!

ジャーナるっ!って番組観てるんですけど、私は京都生まれなので、第1号店が京都の「王将」はもちろん食べたことがある、っていうか、今も時々お世話にもなるんですけど、「日高屋」ではまだ食べたことがないっ。「満州」もないっ。これは一回行ってみなければです。

はー。私っていい視聴者だとつくづく思いますよ。まんまと乗せられてます。けど、それでもいい。食べたいから(笑)。

ありゃりゃなんのこっちゃのブログですね。カテゴリーが、日記・コラム・つぶやきですが、ホントその通り。つぶやいてますのですいません。

明日からまた1週間が始まります。バンクーバーオリンピックももうすぐですね。気合入れて明日を迎えようと思います。

| | コメント (2)

2010年2月 4日 (木)

節分祭番外編

昨日は節分でしたが、皆さんは何かそれにちなんだことはなさったでしょうか?恵方巻きや、いわし食べるとか、的な。あらっ?どうしてか食べ物のことばっかり。

地域それぞれの節分祭の催しがありましたので、そちらに行かれた方も多かったのではないかと思います。厄を落とし、福を頂きに行くこともそうですが、去年来ご利益を頂いた絵馬やお守りなどを持って行って、ちゃんと綺麗に燃やして供養してもらったりするのもこの節分ですよね。

私と言えば、光栄なことに三重県四日市市にある海山道神社さんで豆まきをさせて頂きました。。

結構な人の出が毎年ある「みやまどさん(の愛称で親しまれています。)」。実は、豆まき以外に、このみやまどさんだけの名物の行列があるんです。

それが「きつねの嫁入り」。

みやまどさんの氏子さんの中で、厄男、厄女(男性は24歳、女性は19歳。その年、その年齢の人がいなかった場合は、別の世代の本厄の方が選ばれることもあるそう。)が各1名ずつ選ばれて、本当のお嫁入りさながらの支度をするんです。美しい刺繍がほどこされた着物は毎年変わるので、人々はそれも楽しみの一つ。そして、顔にはきつねのお面をつけ、これで完了。その周りにはずらっと行列のお供の方々が裃を着て、そして境内を歩かれるんです。

きつねのお面をつけているのに、花婿さんは凛々しく見え、花嫁さんはなんとも奥ゆかしくかわいく見えるから不思議です。すごく神秘的なんですよ。

ところで、ここで普通に“なぜ、みやまどさんで、きつねの嫁入りの行列が始まったんだろう?”と、疑問が出てきます。それを素直に海山道神社の宮司さんに伺ってにたところ、こんな言い伝えを教えて下さいました。

その昔、海山道神社には神にお仕えするきつねがたくさん住んでいました。その中の1匹の女狐がある日、花嫁道中の美しい姿をみかけ、「自分もあの綺麗な着物を着て花嫁さんになりたい」と思いが募るようになり、とうとう人間の姿に化けて大森屋(本当にあった呉服屋さんだそうです!)に行き、葉っぱを小判にして着物を買って帰ったそうなんです。きつねが化けた女性がそのお店、大森屋さんを出たとたん、小判が葉っぱに戻ってしまい、「やられたっ!きつねにばかされた!!きっとみやまどさんに住むきつねに違いないっ。」と大森屋のご主人が海山道神社に慌てて駆け込んで来たのです。そして、宮司さんがそこに住むきつね達を全員集めて、「こんなことをしたのは誰ですか?」と尋ねると、しくしく泣きながら1匹の女狐が着物を持って出てきたそうなんです。

この言い伝えが、海山道神社の宮司さんに代々伝えられ、同じく今はもうなくなってしまったそうですが、呉服屋さんの大森屋のご主人にも代々語り継がれ、「この海山道を守ってくれているきつねさんの為にも何かお祭りをしよう」と始まったのが節分祭の際のきつねの嫁入りなんだそうです。

へぇーーーっ!!

って、お話。

なんかほほえましく感じて、ブログに書いちゃいました。

| | コメント (3)

2010年2月 1日 (月)

花より団子でした。

ほわ~。お腹いっぱいです。初めて作ったメニューがうまくいきました。

先週の土曜日に何気なくテレビを観ていたら、今日理事に見事当選された(おっと、スルーなんてしちゃいけない。今日の当選は本当にすごいことだと思いますっ!)貴乃花親方と奥様の花田景子さんが出演なさってまして、で、親方の現役時代から栄養管理を任されていた景子さんが花田家特製料理を番組内で紹介されていたんです。


観ていたら、美味しそうですし、手軽に作れそうだし、ダイエットを始めたうちの旦那様にもぴったりの低カロリー高たんぱくメニューだし、「これはいただき。」と、今日作ってみたんです。


あ~。その写メを撮っておけばよかったです。せっかく画素数すんごい携帯に変えたのに。使えね~タケミホ。

そのときは花より団子。コロッと忘れて即完食してしまいました。


なんだかこういうネタ、主婦っぽいですよね(笑)。確かに私は紛れもなく主婦なんですけど、ブログ始めてから云年、書く内容が少しずつ変わっていってることをなんだか客観的な自分が見てるようで。ふふふ。不思議です。

| | コメント (3)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »