« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月30日 (日)

今月の〆は?

もう月末ですか…。振り返ってみればなんだか5月のそれいけタケミホはシンクロの話題が多かったような。

と前振りをしつつ、〆もやはりシンクロで行かせて頂きたいと。


だってだって、今日は、ちびっこ達のシンクロのルーティン大会だったんですもんっ。これは書かなくちゃです。


大会というより発表会的な要素をかなり含んでるんですけど、とにもかくにも、今日は収穫大有り(≧∇≦)!充実した一日でした。


私が担当をしている子達以外にも、もーっとちっちゃい学年の子達も、もう大人さながらにバリっと髪を結って、ゼラチンを塗って固めて、メイクもばっちりして(ラメまでつけてます!可愛すぎっ!)、水着だってキラキラの気合い入りまくりでございます(笑)。さすがに女の子。年齢に関係なく、綺麗に着飾った時には、みんなにその姿を見せたくなるもの。プールサイドをうろうろ~、うろうろ。観客席を意識しているんでしょうねheart01。私もちっちゃい時、「そうだったなぁ…」っと思って、目が細くなりました。


さて、内容の方はというと、練習たーくさんしたのに失敗してしまったところがあったり、逆に「ここまで揃ってるの見たことないっ!」というぐらいいい出来栄えのところがあったり、コーチの私もハラハラドキドキ(^_^;)しながら、次の大会に向けての修正点をメモに取りながら見守ってました。


改めてなんですが、コーチってこんな気持ちになるんですね。今までずっと教えて頂く側ばかりだったので、新鮮な感情です。本当に純粋に、「もっと上手くなるんだぞ~っ。私もあなた達と共にがんばるで~。」と掛け値なしに思えます。


今年、全国大会本選出場狙って行きますっ。きらりんっ。(←目が光った効果音です。)

| | コメント (20)

2010年5月22日 (土)

でかしたっ!

ちょっと嬉しいことがありました。

シンクロのちびっこ達が、着実に上手くなってきているのが実感できる出来事がっdeliciousあ~。これはホントに嬉しいですなぁ~。


つい先日、ちびっこ選手達はバッジテストなるものを受けに行きました。

これというのはシンクロの基本的な姿勢や、推進技術、規定(フィギュア)に則する動きを、難度ごとに段階に分けて検定するものなんですが、今年から全国ジュニアオリンピックの本選を目指す選手達は、規則としてバッジテストのステージ3までの資格を持っていないといけなくなったんです。

私の担当している選手達にとって初めてのテスト!選手もそうだと思いますが、私もドキドキです。

別のシンクロクラブのコーチから、「バッジテスト、結構審査が厳しくて、何回かチャレンジすることを覚悟しておいた方がいいかもしれません。うちの子達も去年そうしました。」との情報を頂き、内心「次のテスト…日程考えてた方がええかなぁ。」と思ってたりしたんです。

なのにっ、なんとっ!

合格してたんですぅ~(^∀^)ノ。

みんなえらいぞっ!

これからもっともっと色んな技術を教えていくからねっ。まだまだ上手くなれるぞっ(≧∇≦)。


| | コメント (3)

2010年5月12日 (水)

やる気の2連続

本日たて続けに更新。最近やる気のタケミホでしょ(笑)。うふふ。

昨日、テレビ朝日の「Get Sports」の収録に行って来たことをお話ししようと。

16日オンエア分なんですけど、この間のシンクロ日本選手権について特集します。

ルール改正後初の国内での大会だったので、その解説をするという役割を頂きました。

この回の見所は、じゃじゃーんっ!

私がっ、この関西弁バリバリのタケミホがっ、なーんと標準イントネーションでしゃべってるんですっ!!これは凄いっ。画期的。


え~っ!?そこっ(゜∀゜;ノ)ノ?

ってブーイングが巻き起こってそうですね…。


シンクロの疑問が丁寧に説明されているような作りになるとのこと。採点競技の中でもシンクロは一番採点の仕方が難解ですもんね。


深夜帯ではありますが、ご興味がある方は是非とも観てやって下さい。

| | コメント (6)

あれから3年

ぬぬぬっ。もう3年かぁ。

ユーミンさんのシャングリラⅢから3年の月日が経ってしまったということに昨日改めて気づき驚愕のタケミホです。

要は、気づくきっかけがあったということになるんですが。例の如く、オーバーリアクションな私をお許し下さい( ̄∀ ̄)。


さて、今、フジテレビさんの主催で、鉄人シェフのお料理を食べながらサーカスアクトを観る『ルナ・レガーロ』って舞台が日比谷で開催されているのご存知です?


その出演アーティストとして来日しているロシア人の中の数人が、シャングリラの時にリハーサルから入れて半年以上の期間、一緒にツアーを回っていたメンバーなんですって!私はまだ観に行ってないんですけど期間中には必ず観に行くと誓っております。予約がいっぱいなんですって。急がねば。

シャングリラの時にロシア語通訳でお世話になった、みんなのアイドル(すごく元気。なのに華奢でかわいいっ)マーシャも再び通訳で来日。


過去のブログをさかのぼって頂ければ、何度かご登場頂いているカリスマ舞台監督!?の音頭で、久しぶりにそのマーシャを囲んで、シャングリラの時にお世話になった方々数人とのご飯会に参加させて頂きました。


当然、「あの時はこんなことやったね~!」的な話に花が咲き、めちゃくちゃ盛り上がりましたよーん。久しぶりにカラオケにも行ったのですが、入れた曲、オールユーミンですからっ!皆で熱唱っす!!


皆さんとバイバイしたあと、余韻に浸ってると「そうかぁ~。あれから3年が経ったということなのかぁ。」と、急に感慨に耽ってしまったという。そういうお話でございました。


本当に素晴らしい方々と出会わせて頂けたと思います。感謝(≧∇≦)。

| | コメント (3)

2010年5月 8日 (土)

最終日の分

ちょびっと時間が開いてしまいましたが、日本選手権の最終日のことを。

何日後になるのかな…?わかったらまた書きますが、朝日新聞に「武田美保の目」という今大会を観ての私のコラムが掲載されます(読んで下さーいねheart01)。

のでので、内容がかぶらないようにしようと思います。

とにかく今回の日本選手権はソロ、デュエット、チーム、コンビネーションとも東京シンクロクラブ(以下TS)vs井村シンクロクラブ(以下井村SC)の構図が色濃く出ていましたね~。

結果は2勝2敗。ソロの優勝はTSの足立選手。デュエット優勝は井村SCの乾・小林組。チームは井村シンクロクラブMチーム(おそらくMはコーチのイニシャル)。コンビネーションは東京シンクロクラブAチームという具合。

演技構成についても、ホントに面白いぐらいそれぞれのクラブカラーが明確に出ていまして、井村SC は、はっきりくっきりクリアな直線が見えるような足技を基調とし、素早い動きが巧く音楽にはまっていて実に小気味いいんです。もう一方のTSは、とっても爆発力があるというか、ゴムまりのようによく跳ねて、難しい曲線の動きにも対応していました。

さて、それぞれの種目の国内を制したら、次はもちろん世界に目を向けなければなりません。

壁はなかなか厚そうです。

世界も、当たり前ですけど、その成長を止めることはありません。長年かかってしたたかに着実に実力をつけて来ています。その自信が身体から、演技からみなぎっています。技術もパワーも表現力も年季が入っています。

日本代表はまだ10代と20代前半の選手ばかり。強化次第で大化けすること間違いなしだと思います。
代表監督が誰になるのかはまだわかりません(困った(┳◇┳))。とにかく強化はすぐにでもスタートを切らなければならないことは確かです。きゃ~。急いで~ん。


| | コメント (2)

2010年5月 5日 (水)

日本選手権第三日

日本選手権三日目、チームフリールーティン予選とデュエットフリールーティン予選、コンビネーション決勝が行われました。

出場種目の多い選手にとっては、連日の競技日程上、疲労の蓄積が相当なものになっていると思いますが、それでも当然のように進行して行きます。

そうそう。そういえば私も、いつもこの大会では最終的に目が落ち窪んでましたなぁ( ̄∀ ̄)なんてことを思い出します。

昨日のブログでも書きましたが、スペインとカナダ、やっぱり上手いです。チームでも、デュエットでも、コンビネーションでも、何を表現したいかがしっかりと伝わって来ます。顔の表情一つとっても、表したい世界観を一人ずつがきちんと理解していて、観ていて引き込まれます。コンビネーションではウクライナ(技術は置いといて)の白鳥の湖が素晴らしかったですね。

日本の選手もキラッと光る良いところが随所に見られました。

しかし、得点はイマイチ伸びず。

審判員の先生に伺ってみると、演技の繋ぎ(トランジション)に、休憩しているように見えるポイントがあってはいけない、のだそう。


日本もハードな内容なのですが、確かにスペイン、カナダはパワー爆発って感じですし、水面に近いところで手の動作、足の動作をしているのでまったく途切れてません。

しかーし。日本はまだまだ若い!十代です。これからです。

| | コメント (1)

そのとぉーりっ、でございます。

テレビの放送時間のことをアップしようと開けてみたら、コメントにばっちり頂いていました。有り難うございます。

その通りNHK教育で15:00~16:00です。
朝の電車の中でまたアップしますねーん。

今日はもうこんな時間。寝坊助の私は睡眠を取らねばマジで危険なので、また~(^∀^)ノ

| | コメント (1)

2010年5月 4日 (火)

日本選手権第二日目

NHK教育の方だったかな?放送あります。もうちょっと詳細を調べますね。で、またここに書きます。
昨日、第二日目。

デュエットテクニカルルーティンとチームテクニカルルーティンとソロフリールーティン予選が行われました。

昨日のソロテクニカルと同様、デュエットもエレメンツが難しいっ(≧ヘ≦)。本当に技術をしっかりトレーニングできていないと、これは、力の差が顕著に現れてしまいますね。

井村シンクロクラブの乾・小林組は、昨年より両選手ともかなり技術が確かになって来ているのが見えました。嬉しい限りです。が、オープン参加の強豪スペインとカナダには、うーん悔しいですが、やはりまだ水を開けられてしまっています。エレメンツそのものの出来栄えというより、うーん。なんて言うんでしょう、エレメンツとエレメンツの繋ぎが非常に巧いんです。ニカ国とも、ベテランの選手と若手の選手のコンビ構成だったのですが、演技の魅せ方というものをベテランの選手が熟知していて、若手がそれに必死でついていって、無我夢中でそれをするうちにいつの間にか若手も、長年かかって身につけていくはずの魅せ方を、短期間で修得している感じ。ですね。

乾・小林組はまだまだ若いので、この部分はじっくり取り組んでいくと絶対いい味が出てくると思います。大いに伸びシロが期待できるデュエットだと思います。

東京シンクロクラブの足立・酒井組は、昨日は若干乱れました。両選手ともとてもバネがあって、伸びやかな演技が魅力なんですが、同調性と、特に昨日はエレメンツのスピンの水位などが少し残念でした。しかし、やはりこちらの選手も若い!楽しみな選手であります。

あ~。チームも書きたかったんですけど、リミットが近づいて来てしまいましたぁ。

またのちほど~

| | コメント (1)

2010年5月 3日 (月)

シンクロ日本選手権開幕

シンクロ日本選手権第1日目。

ソロのテクニカルルーティンとコンビネーション予選の2種目が行われました。

特にソロのテクニカルルーティン、エレメンツ(規定要素)がめちゃくちゃ難しいみたいです。文字で見るだけでも「うえ~っしんどそぉ(°□°;)」と思うのに、実際の選手はいかがなものか。

私、今の時代の選手じゃなくてよかったぁ~ってつくづく思います。(完全に人事になっております(苦笑))。

とにかくこのエレメンツをこなすには、後半に相当リスクの高い規定が入って来ますので、馬力と、柔軟性、倒立姿勢の正確性などのオールマイティーな技術が必要になって来ます。

施行されてから初の国内大会。各クラブのコーチと選手の皆さんは、今大会に間に合わせられるように技術修得に心血を注がれたことでしょう。

完成品とまでは行かないまでも、その努力が十分に伺える、歯を食い縛るような力のこもったエレメンツの内容でした。
日本の足立、乾、酒井選手の三つ巴の戦いはフリーに持ち越しの様相です。

コンビネーションは、純粋に観ていて楽しい種目です。シンクロの中でもっとも振り付けが自由で多様性があって、一種のミュージカルショーを観ているような感覚になれますから一度皆さんには生で観に来てもらえたらなぁと思います。

とにかく、今日も辰巳に既に着いておりますので、またブログ書きますね~。

| | コメント (2)

2010年5月 1日 (土)

本当ですか?

本格的にGWに入る前に雨がまとめて降ってくれたお陰で、今日から5日までは絶好のお天気になりそうですね。いや~気持ちいいっ。助かるわぁ~( ̄∀ ̄)。

私と言えば、ただ今移動中でございます。

明日から5日までシンクロ日本選手権でございます。最初思いっ切りお天気について触れましたけど、何を隠そうTHE室内です。

しーん…?

けど、やっぱり気分的には爽やかな方がいい。それにこしたことはございません。

もとい。

シンクロは4年に一度ルールが改正されるのですが、今年度がその年に当たりまして、「ちゃんと見とかないと浦島太郎状態になってしまうっ。」と思い、競技スタッフとしてのお手伝いを兼ねて、しっかり観てお勉強させて頂きます。
これからのシンクロ界の後輩達の頑張りも見守り続けたいと思ってます。

また、連日の熱戦の模様をブログにアップできるようにしたいと思います。

おいおい、タケミホさん本当ですか(苦笑)?

いや。頑張ります。

| | コメント (1)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »