« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月23日 (水)

モヤっとボールがほしいです。

う~ん。今日は何だか自分でも理由がわからないけどモヤモヤする気分の日です。あ~スッキリしたいっ(≧ヘ≦)。

こんな日、たまにありませんか?

日本が明日のデンマーク戦でゴールをぼっこぼこ決めまくってくれたらスッキリするでしょうか。あるいは、相撲のゴタゴタがいきなり解消されたらスッキリかも。

いや、どれもどうやら違うので、今日は運動して来ることにします。

| | コメント (8)

2010年6月18日 (金)

にわかサッカーファン的ブログ

完全ににわかサッカーファンのタケミホです。こんばんは。

19日の日本対オランダ戦が刻一刻と近づいてきましたが、この1戦ではどんな戦いを見せてくれるんでしょうかねっ!フンっと鼻息も荒くなるってもんです。

見事にテストマッチのあの悪夢の4連敗から修正をかけてきた日本チーム。FIFAランキング4位という強豪オランダに対しても、カメルーン戦と同じように決して引き下がらない、前へ前へと進むゲームを期待したいと思います。

人間の心理としてはどうしても「あ~きっと敵わない相手だろうな」と弱気な心がよぎってしまうことがあるかもしれませんが、しかし日本のサムライブルーの皆さんは、おそらくもうメンタルも体のコンディションも整えられて「オランダ人も日本人も同じ人間同士なのだから、たいしたこたぁないっ!」と、そんな心意気でいらっしゃることでしょう。

「そうやそうや。相手は人間や。ライオンとかトラちゃうねんでっ。」と選手時代、私も手足のなっがーい外国の選手を見て弱気になったとき、そう自己暗示を掛けてたりしたっけか。

ともあれ、負けられない戦いがそこにある!と当時に、私的には見逃せないテレビがもうすぐある!ってことで、19日を待ってます。

なんやそれー。

| | コメント (2)

2010年6月 8日 (火)

龍馬さんとジャージで

龍馬さんとジャージで
今日は高知県からの更新。皆様どーもです〜。

この豆粒のように小さい人の写メ。龍馬像の前に立つ、私タケミホです。

なぜ高知県にいるのか不思議に思われているかと思いますが、シンクロ絡みの案件でやって参りました。龍馬伝フィーバーのタイムリーな時期に役得です。

シンクロの練習と練習の合間にたまたま桂浜に寄って頂いて、というスナップです。

見て頂くとわかるように、タケミホ、ジャージ着用でございます。着替えるのを面倒臭がってしまいました。他にも観光客の方々がたくさん来ていらっしゃいましたが、しかし、めげずにジャージです。ショッキングピンクのパンツなんて普段なかなかお目見えすることなどありません。しかも直立不動。何か出来なかったのかタケミホ。と、私も自分で言いたくなる一枚です。

でもそんなことよりも感動でした!これまでも高知にはお仕事等々で何度か来ているのに用事が済んだらはい、さよならのとんぼ返りパターンだったので、今更ながら初桂浜。松の木、波、龍馬像…(うっとり)。風情たっぷりでございました。

高知県は人も明るくていいっ!好きですね。初めて会った気がしない、とってもフレンドリーな方ばっかり。「しちゅう」とか「ちん(親友)」とか、言葉も何だか元気でかわいい感じで、話を聞いてるだけで笑顔になってました。

また高知県に来るぞ〜。龍馬さんのようにあっち行ったりこっち行ったり、私も邁進やき〜!(あら、使い方間違ってる?)

| | コメント (4)

2010年6月 6日 (日)

反響に思わずびっくりドンキー

こんにちはー。ゾロ目(6月6日、2時22分スタート)のそれいけタケミホです~。

え?ゾロ目を選んだことの意図?

いえ、特にないです。携帯の表示を見たら「あっflair揃ってるなぁhappy01」と、ただそれだけのことでして。
いつもの意味のない前振りでした~。

それは置いとかせて頂いて、とcoldsweats02

TBS の番組放送後、想像以上の反響を頂きました。皆様から様々なコメントを頂戴し、そのお言葉の一つ一つを噛みしめています。同じ映像を観ても、当然、色んな捉え方が出てくると思います。私は「確かに。なるほどな。そう思われることもあるな。」と、学ばされることばかりです。心がけて行動を取ろうと思います。必ず次に繋げて参りたいと思っています。

実のところ、恥ずかしいことに私は今回の番組をまだ観ていないんです。何だか怖くて、というか、思い出すとまだちょっと込み上げるものがあるので(苦笑)。

選手時代も、失敗した試合の映像などは、原因の検証が済んだら、一切その映像は観ませんでした。


苦い思いをした場面は、記憶の中の映像に、すっごく嫌なのにやたらに鮮明に残りますね。本当にいやーんって感じです。

今回のは、どのような内容になるのかはもちろん番組の担当の方から聞いていましたので、頂いたコメントや番組の感想を寄せてくれた知人からの話をそれに照らし合わせると、大体どういう編集になっていたのか想像が出来ました。観ないとわからないところもあると思うので、もう少しほとぼりが冷めた頃に、検証すべく観なければと思っています。


たまたま私は珍しい経歴的なものだとか今の活動の繋がりで、メディアに取り上げて頂く機会を頂きました。おこがましく、大変恐縮なことです。賛否両論あると思います。


ただ、せっかくの機会を頂いたので、私としては少しでもプラスに還元できればと思っています。


そうっ。一度きりの人生。途中で降りる訳には行きません。ならば納得のいく人生になるように自分で動き続けるしかないっ!と、改めて気合いを入れるきっかけを番組から与えて頂いた気がします。

燃える女、タケミホ33歳でありますっ。

| | コメント (6)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »