« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月22日 (水)

終わってだいぶ経ちましたが。

オリンピックが終わると本当にぽっかり穴が開いたみたいにさびしくなりますね。始まる前まではこれが日常だったのに。

感動が大きかった分、オリンピックメダリスト達の凱旋パレードにもそれが表れてましたね。勇気と元気をくれたその姿を一目見ようと、50万人もの人々が銀座に集まられました。

さて、古巣のシンクロ競技といえば…。


後輩達も締まった脚の動き、立ち泳ぎの高さ、など以前からかなりのレベルアップに成功し奮闘をしてくれていましたが、デュエット、チーム共に5位という結果は現実的にはやはり『日本シンクロ史上初メダル無し』ということになり、快挙の方の『史上初』が多かった今回のロンドンオリンピックの他競技の影に隠れる形にならざるを得ませんでしたね(-.-;)。当然とは言え、なかなかシビアな世界です。競技の中継以外は、ニュースでさらぁっと流して頂くのが精一杯でした。メダルの有無でこの差ですよ(苦笑)。やっぱりちょっとさびしく思ってしまいます。

メダル圏内に返り咲くためには、時間も根本的な強化体制も覚悟を持ってかけて、変えて。リオデジャネイロに向けてそれを一貫して継続できる体制を取って行かなければならないと思います。

金メダルのロシアは今や、その動きが人間技と思えない領域に入ってましたし、中国は元々の脚の美しさを武器に、それを見せるための技術が真の本物になっていました。その研ぎ澄まされた動きと美しさは鳥肌モンです。スペインのアーティスティックは、他の追随を許さない素晴らしさでした。彼女達だけの表現が確立されていました。


今回、ライバル達は先に進んでいましたが、日本シンクロも必ずや独自のシンクロを切り開いて頑張っていただきたいです。


| | コメント (1)

2012年8月 6日 (月)

大活躍!

今回のオリンピック、面白い現象が起きてるなぁと思って観てるんです。


『歴史的~』とか『史上初~』とか『○十何年ぶり~』という快挙が本当に多いと思いません?


テニスの錦織選手もバドミントンの女子ダブルスも、アーチェリーの女子団体も、卓球の石川選手も、卓球女子団体も、フェンシングの男子フルーレ団体も、競泳のメドレーリレーのアベックメダルも、サッカーのアベックベスト4(現時点)も、で、あとは…何だっけか。いっぱいある(°□°;)。


とにかくそういうケースがすっごく多いな~と思って(≧∇≦)。


ランキングが自分達よりはるかに上のチームに劇的に競り勝つシーンなんて、いやが上にも盛り上がりますよね。


そのたびに私ってばいちいち感動して泣いてしまいます。何だか涙腺ゆるなったわ~思います(笑)。


各競技ともトレーニングの成果が実ってるんですね。ナショナルトレーニングセンターが出来たこともやはりこの大躍進の原動力だと思います。選手にとって練習場所が安定的に確保されていることや、自分の身体を知ってくれている専属のドクターやトレーナーが常時いてくれること。などなど。


試してみたいことや強化計画を進めるに当たって、最先端の設備とスポーツ科学のエキスパートが揃った環境は、世界的に見ても今や必須です。ある国とない国では大違いです。


あと、もう一つ思うのが、昨年の東日本大震災の心理的影響は計り知れないものがあるということです。


元来備わっていた日本人の不屈の精神、そして人と人との絆を3.11を機に皆が再認識したように思います。だから今回のオリンピックを見ても、各競技の日本代表選手からそのスピリッツが全面に出ている気がしてなりません。


シンクロも昨日から始まりました。5位発進ですが、昨日のテクニカルは私がこれまで観た彼女達の演技の中で一番よかったように思います。今日のフリーも気迫のこもった演技を期待したいです。がんばれ~!

| | コメント (0)

2012年8月 2日 (木)

胸のすく勝利!

ロンドンオリンピック連日熱戦が繰り広げられていますが、今日の未明放送だった体操個人総合の内村選手!やってくれましたね!これぞ王者の貫禄ってヤツ(≧∇≦)!


いや~気持ちいい。

『他の追随を寄せ付けない』を地で走って体現して下さいました。本当に見ていて気持ちが晴れ晴れするような圧巻の勝利でしたよね。


足がまるで人魚姫のようにピシッと揃って、回転のキレや高さが抜群で、ダイナミックかつ繊細。本当に美しいと思いました。


さらに私が思うのは、色白で美肌の可愛らしい顔立ちの彼が、いとも簡単(内村選手の場合、難度の高い技も簡単に見えちゃう不思議。)にすごいことをやってのけてくれるギャップがまたいい感じです。

団体戦では予選、決勝共、自身含めるチームメンバーがそれぞれぽろぽろと失敗をしてしまい、決勝に限っては最終演技者である内村選手のあん馬のミスが物議を醸し、異例の順位が入れ替わるという波乱がありました。

『後味の悪い団体戦』とコメントされていましたが、まさに本音の言葉だったと思います。


このことからも改めてわかるように、全日程で人間の能力の最高レベルの動きや調子をキープし続けるのは本当に至難の業です。キープだけでなく、ここにピークを合わすことがまず難しいですよね。


選手の皆さんはその業を獲得するために4年の月日を費やして挑戦してこられます。何度も何度も反復して、鍛錬に鍛錬を重ねて、この日を迎え…それでも難しい。でも、だからこそこの究極の挑戦は本当に面白い。


私は自分が選手だった時にそんなこと意識せずにやっていましたけど、今だからわかることがあります。


オリンピックを観てこれほどまでに感動するのは、例えば内村選手のつま先の揃った美しさに、その努力の背景が垣間見えるからなのでしょうね。4年に一度って本当に重みのある時間の経過です。


タケミホ、しかと観させて頂きました。


本当におめでとうございます。そして、たまたま今回は内村選手のことを取り上げさせてもらいましたが、選手の皆さんに有難うございます。です。


また書きます。シンクロもまだこれからです。


| | コメント (2)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »