2012年8月22日 (水)

終わってだいぶ経ちましたが。

オリンピックが終わると本当にぽっかり穴が開いたみたいにさびしくなりますね。始まる前まではこれが日常だったのに。

感動が大きかった分、オリンピックメダリスト達の凱旋パレードにもそれが表れてましたね。勇気と元気をくれたその姿を一目見ようと、50万人もの人々が銀座に集まられました。

さて、古巣のシンクロ競技といえば…。


後輩達も締まった脚の動き、立ち泳ぎの高さ、など以前からかなりのレベルアップに成功し奮闘をしてくれていましたが、デュエット、チーム共に5位という結果は現実的にはやはり『日本シンクロ史上初メダル無し』ということになり、快挙の方の『史上初』が多かった今回のロンドンオリンピックの他競技の影に隠れる形にならざるを得ませんでしたね(-.-;)。当然とは言え、なかなかシビアな世界です。競技の中継以外は、ニュースでさらぁっと流して頂くのが精一杯でした。メダルの有無でこの差ですよ(苦笑)。やっぱりちょっとさびしく思ってしまいます。

メダル圏内に返り咲くためには、時間も根本的な強化体制も覚悟を持ってかけて、変えて。リオデジャネイロに向けてそれを一貫して継続できる体制を取って行かなければならないと思います。

金メダルのロシアは今や、その動きが人間技と思えない領域に入ってましたし、中国は元々の脚の美しさを武器に、それを見せるための技術が真の本物になっていました。その研ぎ澄まされた動きと美しさは鳥肌モンです。スペインのアーティスティックは、他の追随を許さない素晴らしさでした。彼女達だけの表現が確立されていました。


今回、ライバル達は先に進んでいましたが、日本シンクロも必ずや独自のシンクロを切り開いて頑張っていただきたいです。


| | コメント (1)

2012年8月 6日 (月)

大活躍!

今回のオリンピック、面白い現象が起きてるなぁと思って観てるんです。


『歴史的~』とか『史上初~』とか『○十何年ぶり~』という快挙が本当に多いと思いません?


テニスの錦織選手もバドミントンの女子ダブルスも、アーチェリーの女子団体も、卓球の石川選手も、卓球女子団体も、フェンシングの男子フルーレ団体も、競泳のメドレーリレーのアベックメダルも、サッカーのアベックベスト4(現時点)も、で、あとは…何だっけか。いっぱいある(°□°;)。


とにかくそういうケースがすっごく多いな~と思って(≧∇≦)。


ランキングが自分達よりはるかに上のチームに劇的に競り勝つシーンなんて、いやが上にも盛り上がりますよね。


そのたびに私ってばいちいち感動して泣いてしまいます。何だか涙腺ゆるなったわ~思います(笑)。


各競技ともトレーニングの成果が実ってるんですね。ナショナルトレーニングセンターが出来たこともやはりこの大躍進の原動力だと思います。選手にとって練習場所が安定的に確保されていることや、自分の身体を知ってくれている専属のドクターやトレーナーが常時いてくれること。などなど。


試してみたいことや強化計画を進めるに当たって、最先端の設備とスポーツ科学のエキスパートが揃った環境は、世界的に見ても今や必須です。ある国とない国では大違いです。


あと、もう一つ思うのが、昨年の東日本大震災の心理的影響は計り知れないものがあるということです。


元来備わっていた日本人の不屈の精神、そして人と人との絆を3.11を機に皆が再認識したように思います。だから今回のオリンピックを見ても、各競技の日本代表選手からそのスピリッツが全面に出ている気がしてなりません。


シンクロも昨日から始まりました。5位発進ですが、昨日のテクニカルは私がこれまで観た彼女達の演技の中で一番よかったように思います。今日のフリーも気迫のこもった演技を期待したいです。がんばれ~!

| | コメント (0)

2012年8月 2日 (木)

胸のすく勝利!

ロンドンオリンピック連日熱戦が繰り広げられていますが、今日の未明放送だった体操個人総合の内村選手!やってくれましたね!これぞ王者の貫禄ってヤツ(≧∇≦)!


いや~気持ちいい。

『他の追随を寄せ付けない』を地で走って体現して下さいました。本当に見ていて気持ちが晴れ晴れするような圧巻の勝利でしたよね。


足がまるで人魚姫のようにピシッと揃って、回転のキレや高さが抜群で、ダイナミックかつ繊細。本当に美しいと思いました。


さらに私が思うのは、色白で美肌の可愛らしい顔立ちの彼が、いとも簡単(内村選手の場合、難度の高い技も簡単に見えちゃう不思議。)にすごいことをやってのけてくれるギャップがまたいい感じです。

団体戦では予選、決勝共、自身含めるチームメンバーがそれぞれぽろぽろと失敗をしてしまい、決勝に限っては最終演技者である内村選手のあん馬のミスが物議を醸し、異例の順位が入れ替わるという波乱がありました。

『後味の悪い団体戦』とコメントされていましたが、まさに本音の言葉だったと思います。


このことからも改めてわかるように、全日程で人間の能力の最高レベルの動きや調子をキープし続けるのは本当に至難の業です。キープだけでなく、ここにピークを合わすことがまず難しいですよね。


選手の皆さんはその業を獲得するために4年の月日を費やして挑戦してこられます。何度も何度も反復して、鍛錬に鍛錬を重ねて、この日を迎え…それでも難しい。でも、だからこそこの究極の挑戦は本当に面白い。


私は自分が選手だった時にそんなこと意識せずにやっていましたけど、今だからわかることがあります。


オリンピックを観てこれほどまでに感動するのは、例えば内村選手のつま先の揃った美しさに、その努力の背景が垣間見えるからなのでしょうね。4年に一度って本当に重みのある時間の経過です。


タケミホ、しかと観させて頂きました。


本当におめでとうございます。そして、たまたま今回は内村選手のことを取り上げさせてもらいましたが、選手の皆さんに有難うございます。です。


また書きます。シンクロもまだこれからです。


| | コメント (2)

2012年5月 7日 (月)

日本選手権つづき

続きです。


日本選手権は国内で正式に日本代表の演技を初お披露目する場。周りの期待値が高い分、疲れがあろうがやはり代表としてのレベルから精彩を欠くと、人々のコメントが手厳しくなるのは必至です。


辛さも疲れもわかるので私としてもなんとも言い難いんですけど、トレーニングの成果が現れ始めた高さや表現力の面をもう少し、もう少し見たかったなぁと。

デュエットも同様ですね。エース乾が足首の捻挫で離脱し、最終予選と今大会は小林・酒井組で出場しましたが、急遽のメンバー変更とはいえ、やはり同調性と技の精度はもう少し上げたものを提示しないと、ライバル国はそのよろしくない情報を持ち帰るので、これまたよろしくないのです。


でも、私はこう見てます。残り3ヶ月。


ロンドンオリンピック本番は、日本はむしろ最終予選よりプレッシャーがないっ!守るものもないっ!現状、水を開けられてしまっているカナダまでの距離をいかに日本の上手さをアピールして詰められるか、「ヤッパリ日本ダネ!」という復活の印象を与えるられるか、チャレンジするのみだと思うんです。残りの期間でどんどん上手くなっていく自分達を感じてワクワクしながら本番に臨んで頂けたらな、と思いますo(^-^)o。

| | コメント (3)

恒例の日本選手権

『出産前最後の遠出』ということで、5月5日は日本選手権 シンクロ競技会を観に行って来ました。


毎年行ってるんですけど、今年は競技運営方法が変わり“ フリールーティン一発決勝”で順位が決まるため、いつもの決勝の日の独特なピリピリした雰囲気とはちょっと違うかな~とか思いながら観てました。


まぁ…確かに選手にとっては身体はラクなんですけどね、泳ぐ回数が減るので。(今回はテクニカルルーティンを1回、フリールーティンを1回だけ行い、その合計得点で順位が決定)。


でも、テクニカル+フリーの予選を経て、上位8組、ないしは8人、8チームが選出され「さぁっ、今日は決勝やっ!」と、疲れた身体にムチを打ってもう一度フリールーティンを最終日に披露すべく臨んで行くと、そうであってはいけないんですけど、やっぱり予選のフリーより、選手の緊張感も会場の緊迫感も高まるためか、よりキレのある動きやパワーが出せたりするんですよね~。少しの違いでも、メンタルってすごく人間の身体に反映されるのだと思います。


ちなみにオリンピックのチームに関しては8ヶ国しか出場枠がないので、今回の日本選手権と同じ運営方式が採用されており、“一回に懸ける”という感覚に慣れておく意味では○だったかも。


個人的な感想を何だかんだ言ってしまいましたが、それはそうと、日本代表チームの選手の皆さんの演技も昨年の上海世界水泳以来、生で見せて頂きましたよ。

オリンピックの出場枠を獲る最終予選が4月の中旬過ぎで、それから2週間ほどの調整で今大会を迎えた計算ですが、やはりちょっと疲れが出ていた様子でしたね。

「わかるわかる」
って感じです。


私も過去の経験上、オリンピックイヤーは前述と同じような日程で日本選手権に出ていたので、身体はヘロヘロ状態。正直、出来栄えの点であまりいい記憶がごさいません(^_^;)。

ましてや今回の日本代表チームはオリンピック予選で全勢力を注いだはず。(これは以前の枠の獲り方と変わって、大陸枠の5ヶ国がすでに昨年の世界水泳で決まり、今回は残りの3枠、要するに上位3位に入る必要がありました。)そのプレッシャーたるや凄まじいものがあったかと思います。ウクライナの追撃をかわし、日本は意地の出場権獲得。身心共の疲労困憊は想像以上でしょう。

が、そこが辛いところ。


文字数の関係で次回へつづく…

| | コメント (0)

2012年3月13日 (火)

頭位めまい症 その2

試合の出来は、もう、皆まで言わずとも散々でした。


必死で、景色を見ずに目を閉じて、とにかく泳ぎ切りましたが、足の角度がふらつき、まともに倒立姿勢が立てず練習してきたことが全て水の泡となって消えてしまった感じです。

パートナーの立花さんにとっても、チームのメンバーにとっても、私のこの出来は迷惑以外の何物でもありません。私がメンバーの取り組んできた時間をも台無しにしました。コーチからも当然の叱責です。「皆に謝れ」と。


あ~思い出してきたぁ~(-.-;)辛かったですね。病名の診断をされないまま現地に行ったので、自分の身に何が起こっているのかもよくわかりませんし、「私、選手生命危ういかも…。」って考えが頭をよぎりましたもん。


帰国後、病院に行って診断されたのが、一つ前のブログにも書いた『良性発作性頭位めまい症』でした。例の澤選手と同じです。


“耳石”とかいう内耳にある石灰質でできたものが、疲れやストレスや衝撃などの理由で欠けて、それが頭の上下、左右の向きなどの感覚を察知する毛みたいなものにパラパラパラ…と、実際の頭の向きより遅れて、欠けた小石が動くらしくそのズレが生じる間めまいが起きてしまう、というような説明でした。


その小石は自然と散っていくということなので、それが無くなるまでは、朝起きてすぐベッドの上で、寝たり起きたり、横に倒れたり起きたり、の動きをしばらく続けました。


2週間ぐらいで症状が治まりました。本当に心底ほっとしましたよ。


自分の体力やメンタルの強度のことを過信していました。そういえば、あの頃、マックスで怒られ役だったもんな~(苦笑)。特にデュエットの練習がイヤでイヤで…なんちゃって(^ー^)。


澤選手も少しリラックスと休息を取られればすぐに復帰できると思います。そして仕切り直してロンドンへGO!ですね。

| | コメント (2)

実は私も澤選手と同じく その1

なでしこJAPANの澤選手が体調不良でアルガルべカップの試合を欠場され心配の声が上がっていましたが、帰国後の医師の診断が『良性発作性頭位めまい症』。


実は私、選手時代にこれになったことあるんですよ!その時は本当に参りましたね~(-.-;)。


99年夏です。大会名は『グッドウィルゲームズ』。


長い冷戦時代を経てきたアメリカとロシアの友好親善大会であり、オリンピックの競技種目全般が行われる大規模なものでした。この年は、アメリカNYでの開催。


その遠征に向けての国内最終合宿最終日のことです。


最後の通し練習まで全然そんな気配はなかったんです。通し終了後、ゼェゼェハァハァの息を整え、溜まった筋肉の疲労物質を取るためのクールダウンをしていると、突然、カチッとスイッチが入ったかのようにめまいに襲われたんです。天井や見える景色がぐにゃあ~んと歪み、目が回ってしばらく視点が合わないんです。焦るっ!これは焦るってもんじゃないですっ!!


大事な試合前なのに、デュエットに関しては補欠メンバーを立てていなかったので、代えがいない状態。


「疲れだろう。一日寝たら治るだろう。」と自分に言い聞かせて、コーチには症状のことを報告せず、合宿から帰宅しました。


翌日は早朝から空港に向かい集合の予定でした。朝、目覚めてもまだぐにゃぁ~は治らず…。どうしよう…です。


「飛行機の中でよく寝て、身体を休めれば少しはましになるかも…。」とかすかな期待を持って現地へ。


現地での練習が始まっても快復の兆しはありませんでした。コーチに正直に症状を報告はしましたが出場することに変わりはありません。トレーナーの先生に首周りの筋肉をマッサージしてもらい過度な筋肉の緊張を取ってもらったりしましたが、結局、状況は変わらず。


重力の無い水の中で真っ直ぐの倒立姿勢を保ち、軸を取って回転するなどの動きが必要なシンクロ。頭の位置が上になったり下になったり、瞬時に横になったり、左回り、右回り次から次へと展開するのに、その方向感覚を司る三半規管に障害が出てしまった…。図太いと言われていた私ですが、この時ばかりは精神的に結構なダメージを受けていたと思います。

(つづきは次のブログで。)

| | コメント (0)

2011年12月26日 (月)

毎年この日は

おっ!?
時間を見たら日が変わってしまっておった(°□°;)。


メリークリスマス!

と始めさせて頂きたかったところでしたが、もはや「おそがけにこんばんは」、でした。


毎年クリスマスの日にフィギュアスケートの日本選手権があるので、ブログでもいつも今日はこのネタを書いているように記憶していますが、今年もご多分にもれず。


真央ちゃんのフリーを観て、私、思わず込み上げてきてしまいましたぁ(;_;)。


今まで“可愛い”真央ちゃんのイメージでしたが、今日の演技はなんと優雅で、なんと美しい大人の女性だったことでしょうか。神々しささえ感じる程でした。

大会前、真央ちゃんと真央ちゃんのお母さまとの深い絆が伺える何年間にも渡るこれまで撮りためられていた映像を色んな番組で拝見しました。


私も自然と自分の選手時代が思い出されました。母という存在が何度自分の窮地を救ってくれたことか。それを21歳という若さで失ってしまうなんて…その心境は察するにあまりあると思います。


でも真央ちゃんが、今大会に出場してくれて本当によかったなぁと心から思います。


リンクからしばらく離れてしまうと当然繊細な感覚も失われる上に、復帰する際の精神的な負担がもっとかかりそうに思ったんです。


リンクで輝いている真央ちゃんを一番喜んでくれるのは何を差し置いてもやっぱりお母さまですもんね。


ますます真央ちゃん、いや浅田選手ですね、を応援したいと思いました。ソチまでの道のりを浅田選手がどう歩いていくのか、その姿を見届けたいです。

| | コメント (1)

2011年11月17日 (木)

バレーボール観て熱くなったところで更新。

今、負けられない戦い、ワールドカップバレー2011を観てますけど日本っ!えらいっ!


強いところに勝ったからえらいっていうのではなく、スポーツをやっていた私にとって同じ悩みであった身長差などの絶対的不利な条件を、真鍋ジャパンは本当に考えに考え抜いて、自分達の光を見つけているなぁと何だか感動しちゃいます。


巧みな攻撃のバリエーションや、アタックのコースを打ち分けられる個人個人の技術の高さ、レシーブでとにかく取るっ!っていう執念、等々。自分達の持ち味を磨きに磨いて、ここまで来るまでのトレーニングってば想像を絶するものであったと思います。


選手の努力もさることながら、ゲームメイクに欠かせない緻密なスタッフ陣のデータ収集もそれを上手く生かす真鍋監督の高い指導力も、全て噛み合ってのこと。

今、苦しんでいるシンクロ日本も、自分達の持ち味を再度検証して、その強みを磨き上げて光明を見つけてもらいたいと思います。必ず見つかるっ!

| | コメント (0)

2011年9月30日 (金)

久しぶりぶりブログ。

ご無沙汰しております。久しぶりぶりの更新です。


台風が去って、急に秋めいてきましたね。夜、うっかり布団をかぶらないで寝たら風邪を引きそうになりました。ギリ、引く前に食い止めました。ひゅ~(冷汗(^-^;))。


コメントで質問を頂いてました。


30歳をこえてからの運転免許取得に向けての秘訣…う~ん。

当たり前過ぎますが、教官のアドバイスをよく聴いて、とにかく落ち着いて運転すること。これに尽きると思います。私なんて、緊張マックスで運転して肩凝りが半端なかったです(-_-;)。最初なんて息をするのを忘れてましたし。それと侮れないのが筆記テスト!暗記するスピードが落ちていることに愕然とするはずです。これ、まぁまぁショックでした(笑)。なので、コツコツ覚えて頂きたいと思います。


さて、お話変わりますが、最近様々な絡みで一旦止めていたゴルフを再開する事情ができ、数年間握ったことのなかったゴルフクラブを引っ張り出してきました。


元々それほどゴルフの経験がなかった私は、この数年で、さらに輪をかけ見事なまでに『超がつく初心者』に戻っていました。


でも、きっかけはどうあれ、ゴルフって上手くボールが飛んだらすごく爽快な気分になりますね!芯に当たった音も気持ちいいし!やっぱり身体を動かすのはいいことだなと思いました。


これをいい機会にして感覚を忘れない程度にコツコツ積み重ねていければと思います。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧