2011年5月27日 (金)

引っ越し完了

唐突ですが、私、この度、引越しをしましたでございます。
運んで片付け終えた達成感やら、その疲労感やら。これから始まる新生活の楽しみやら、不安(山に近いため、ムカデはじめ様々な虫類が出没するかも(^_^;)との重大情報を入手したので駆除剤を取り寄せましたが…この先がタケミホ正念場です。)やら、色々と入り交じったそんな心境です。

引越しについては一部の地域にお住まいの皆様は既にお知りの方もいらっしゃるやもしれません。

それにしても、『引越し』ってなかなかの重労働ですよねぇ…(-.-;)。いや~疲れまちた。若干腰痛の症状出てます。


引越しの業者さんってば、つくづくたくましいと思います。プロで慣れていらっしゃるとは言え、これを毎日って本当にすごい。相当な体力と頭能もいるお仕事ですよね。搬入、搬出、これをするために狭~い間口のところを絶妙な角度や向きで通り抜けたり、小さなスペースに収納してもらう時には、並べ方や置き方に全く無駄がなくピシッと収まるように、これはまるでパズルを解いているようですもん。テトリスの方が当たってるか?

それはさておき。

今回はまた特にしんどい仕事だったと思います。今まで住んでいた家は4階建てマンションの4階で、エレベーター無しだったので、大きくて重い家具を持って階段をくるくる降りるのは想像しただけでもかなり過酷だったはず。

本当に引越しの業者さんの存在は有難い限りでした。

とにかく今はですね、収まるべきところにすっきり物が収まり、インテリアの小物もお気に入りのが見つけられたので、それが何より。気持ちが清々しくなります。

これを維持するために、お掃除頑張るぞっ(`∇´ゞ。

| | コメント (4)

2007年1月30日 (火)

営業時間内に帰ると

引越ししてから2ヶ月が過ぎました。お陰様でなかなか快適な生活を送らせて頂いています。が、暖房器具がエアコンのみだったので、末端冷え性の私にとっては足元の寒さが唯一のネックでした。

ここ最近暖かい日が続いていたので取り立てて必要ではなかったのですが、今日たまたま近所の電気屋さんを営業時間中に通りかかったので、ついでにその唯一のネック部分を温めてくれる小さな電気ストーブを買いました。

「大特価!!」

と書かれているそれ。いやー。ほんとに大特価でした。おばちゃん有難う。

うすーいピンク色でコンパクトでかわいいし、加湿器もついてます。部屋に帰って早速点けてみるととってもいーでわないですか。足元ぬくぬくですよ。

もう、私の部屋に死角なし。

いや、もうちょっと収納ケースがほしいな・・・。そういえば、ぽつんと収納にあぶれてしまった物が入っている小さなダンボール箱が隅っこの方に一個あったのでした。

おーい。2ヶ月経ってまっせー。

| | コメント (3)

2006年11月 9日 (木)

物件あれこれ

じゃーん!!!なんと、私っ、お引越しをしようと思いまして、現在物件を見て回ってるんですー。(じゃーんの入りがどこかなつかしいでしょ?)

内見するのってなんか楽しいですよね。「どんなんかなー(by二鶴師匠)」ゆうて、物件の見取り図を片手に、未来に自分が住むことになるかもしれない部屋のドアを開けるときのドキドキ感。これがたまりませんな。そして、気に入った間取りの部屋に出会ったときにはさらに想像はふくらみ「あー、ここにソファ置きたいな」とか「料理作りやすそう」(料理、駆け出しです。恐縮です。)とか、本当に幸せな気分になれます。

が、巡り会わせってあるんですねぇ。私は悲しいよ。

気に入ったところにことごとく先に契約が入ってしまうか、決まりかけていたのに「えーっ!そんな理由ありなんっ!?」ってことでダメになってしまったりで・・・うあー思い出してきた。ものすごく気に入ってたんですよ。その「そんな理由ありなんっ!?」のとこ。エロさがよかったんですよ。どんな風にエロいのかというと、ドアを開けたらですね、バス・トイレがガラス張りなんですよ。シャワーどころか、トイレしてるところまで見えちゃう、とにかく「きゃー。えっろーいっ!!」な部屋だったんです。(あ、ちゃんとブラインドみたいなんがついてるのでもちろん見えないようにできますよ。ご心配なく。)しかも、駅からちょー近いし、スーパーマーケットもあるし、セキュリティはばっちりだし、浴室乾燥付き、光ネットワーク付き、その他色々あって、家賃もいい塩梅。はぁ。こんないい条件なかなかないよなぁ。

時期が中途半端というのもあってか、私が求めている条件の物件自体も数が少ないしなぁ。

まぁ、きっとそれも必然なのでしょう。いいです。いいです。探します。そうです。ありますとも。

そんなこんなで、今日もこれから内見のアポイントをとっているので行って参りまーす。皆さん、えーとこありますようにと祈っておいて下さい。

| | コメント (3)

2006年5月26日 (金)

におい

家に帰ってきて、まず冷蔵庫を開けるのって癖というか日課でありませんか?私はそうなんですけど、ここ2、3日冷蔵庫が臭うんです。「匂う」と「臭う」が文字変換候補で出ますが、この件に関しては完全に「臭う(クサイ)」方です。困った。

原因を追究しようと、冷蔵庫内をかなり探しました。拭いたりもしました。ちょっとでも怪しそうなものは全部捨ててはみたのですが、しかしどれも不正解な様子・・・。一体何なんだろう?

冷蔵庫を開けて臭うと、なんかテンション下がりますよねぇ。ほんと下がる。明日、絶対脱臭剤買って来よう。

うあー今日は何だか生活感ありありの内容でしたね。ダメだ。明日はもう少しミステリアスを演出しなくては。ナゾが多い方が女性は魅力的に映りますからね。って、もう遅いか。ははは・・・あーあ。

| | コメント (2)

2006年3月22日 (水)

嬉しい変化

今日実家に電話をかけたら、私が前に帰った時にはまだ改装工事真っ只中だった上の学生マンションが完成したらしく、特に父がえらい喜びようでした。わざわざ母と電話を換わって「ここのところがあーなってな、あそこがこーなってん。」と、全貌の全ての報告をしてくれましたから(笑)。母曰く、「仕事から帰ってきて、お父さん、ついさっきまでずーっと外から中から綺麗になったマンションを眺めたはってん。」ということらしいです。その光景が、私には簡単に想像できてしまうので思わず笑っちゃいました。手塩にかけた花壇に芽が出たり、花が咲いたり、何か嬉しい変化が起こると父はいつも寒い日でも雨が降ってても時間を忘れてずーっと見てるんです。

私がシンクロを始めたのが1984年(小学2年生)の6月。その2ヶ月前の4月に元々あった自宅を改築して、自宅兼、上を学生さんに貸す4階建てのマンションが完成しました。私のシンクロ人生はその新しい家からスタートしたと言ってもいいんです。だからなんだか私も感慨深いというか。「おー。そうかそうかぁ。綺麗にしてもらったかぁ。」って、すごく親の気持ちになってます。

建った当時は、上の階に住んでいる大学生の皆さんがとても大人に見えました。家の前で出掛けて行く学生さんとすれ違ったりすると、ちょっと人見知りなところがあった私は照れて照れてしょうがなかったんですけどね。今なんか、私がたまに家にいる時に家賃の支払いをしに学生さんが「ピンポーン」って来るんですけど、「はいはーい。あっ、お帰りー。領収証ね。ちょっと待ってねぇ。」とか、完全に逆転現象ですよ。普通に格好はジャージとかだし。なんだかごめんねーって感じですよ。こんなに変わり果てて(苦笑)。

次、家帰るの楽しみだなー。私もまたマンションに合わせて新装開店しなきゃだわね。

| | コメント (2)