« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月30日 (土)

愛知県大口町立大口中学校

この日の天気予報は台風直撃。
前日からずっとお天気ニュースを観ては
「生徒の皆さんにお会いできるんだろうか・・・」
と不安がよぎりましたが、
大方の予想に反して雨は降らず、
台風特有の生ぬるい風が吹く程度で
東海地方を過ぎていきました。

電車に乗っていざ、大口町へ。
愛知県大口町立大口中学校に伺いました。

最寄駅にPTA会長がお迎えにきて下さっていました。
気は優しくて力持ち♪
そんな
会長にご誘導頂いて学校に到着。

そして驚きました。
まるで大学のキャンパスなんです!
芝生があって自然光がたっぷり入ってくる
素晴らしい空間が広がっています。

聞けば、こちらの大口中学校は、
元々一つの学校だったのですが、
一時大変人口が増えた時期があり、
その際に
大口中と大口北中に分かれていたのだそうです。

近年、子供の人数の現象により、
もう一度統合して一つの
大口中学校にすることが決まった時、
校舎の耐震化の整備なども同時に着手することになり、
新しく完成したのがこちらの学校です。

かの有名な建築家の黒川紀章さんのデザイン。
前校長先生が大学の先輩後輩の間柄だったというご縁で
黒川氏が設計するに至ったのだとか。

給食はランチルームという広い教室で取り、
各授業は全て移動。

国語の教室、数学の教室というように
その都度
場所を変えます。
大学の講義を受けるようです。

特筆すべきは図書室。
司書さんがいらっしゃるんですよ!
本格的な図書館そのものです。
ポップも出ていて楽しい空間でした。

学校が再び一つになって3年目。
まだ若干、しっくりきていない部分があるそうですが、
生徒さんもお互いの学校の雰囲気や、
授業の進め方に徐々に慣れ、
融合した
新たな校風が芽生えつつあるようです。

校長先生、教頭先生共に
講演前、色んなお話を伺いました。

これまでの教師生活の中で様々なご経験をされている
百戦錬磨の先生でいらっしゃって
とっても頼もしい印象を持ちました。

キャラバンに行くといつも思います。
「学生の時、担任の先生だけじゃなく
もっと校長先生や教頭先生とお話すればよかったな」と。

お話は興味深いものばかりなのに、
その機会を持たなかったのは
もったいなかったと思います。

講演が始まり、生徒の皆さんと対面しました。
あどけない顔の表情が初々しく、
これから色んなことに興味を持って、
自分で行動の幅を狭めることなく
挑戦して行ってほしいな、と
自然と応援したくなるような生徒さんでした。

このように素晴らしい環境の学校は
全国的にも少ないと思います。
是非とも発想力豊かな生徒さんが
世の中に巣立ち活躍して下さることを願います。

武田美保

| | コメント (0)

2010年10月27日 (水)

杉並学院中学高等学校

杉並学院中学高等学校になんとっ
今回、1年越しの訪問をさせて頂きました!

昨年のちょうど今頃、杉並学院中学高等学校から
学校キャラバンのご依頼を頂いていたのですが、
全国各地で新型インフルエンザが猛威を奮い
学級閉鎖どころか、学年閉鎖、あるいは学校閉鎖が
懸念されるところまで深刻な問題となっており、
残念ながら杉並学院も同ケースで
実施することができなかったのです。

しかし、こうして今回再びご縁を頂き
改めて学校に伺うことができて大変嬉しく思っています。

私の方も、なんだか
「ずっと会いたくても会えなかった方に
やっとお会いできる!」というような、
まるで恋人か大切な誰かとの約束を果たすような
感覚にとらわれて
不思議な思いがしました。

杉並学院は中高一貫のマンモス校。
生徒数だけで約1,300人もいらっしゃいます。

学校の場所は高円寺駅と阿佐ヶ谷駅の間で、
どちらの駅からも商店街のアーケードを
ひたすら道なりに歩けば到着します。

通学するのがまず楽しそうですよね。
雨が降っても傘いらずです。

近年ではプロゴルファーの石川遼くんや、
薗田峻輔プロの母校としても注目されている学校ですが、
2000年に女子高(元菊華学園)から男女共学になり、
ゴルフで有名になる前から志願者(併願)が多い人気校だそう。

それ以外でも全国合唱コンクールでは毎年、
金賞や銀賞の栄誉に輝く素晴らしい功績を残されています。

そんな生徒の皆さんが
一体どんな校風や雰囲気の中で学んでいるのか
それはやはり気になるところ。

学校に伺った私の印象では先生方が皆さんお若く
(渡しにはとても若々しく見えました。)
行動もキビキビとなさっていましたし、
校長先生とお話させて頂いても

とってもにこやかで優しげ。大変朗らかなお人柄。
先生からも生徒からもきっと慕われていらっしゃると思います。

和気あいあいと、伸び伸びと、
個性や能力の可能性を広げていける
そんな学校なのではないでしょうか。

さて、講演本番になります。
さすが全校生徒が一堂に会す体育館。
とにかく広いっ!!

Suginamigakuin_20101027_2

私から見て一番奥側に座っている生徒さんからは
演台の私の姿が豆粒のように見えて、
声やパワーも伝わり切らず、
途中、話を聞く集中力が途切れてしまうのでは・・・
という心配がありましたが、
しっかりと最後まで聞いて下さっていたように思います。

Suginamigakuin_20101027_2_2

よかった。
一つでも残る言葉が置き帰れれば。

講演後、帰り際に何人かの生徒さんと
すれ違うことがありましたが、
大きな声でご挨拶して下さって
とても清々しい気持ちになりました。

きっとこちらの学校から
どんどん社会に出て大いに活躍される方が
輩出されるんだろうなと今から楽しみです。

武田美保

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »