« 杉並学院中学高等学校 | トップページ | 仙台市立仙台商業高等学校 »

2010年10月30日 (土)

愛知県大口町立大口中学校

この日の天気予報は台風直撃。
前日からずっとお天気ニュースを観ては
「生徒の皆さんにお会いできるんだろうか・・・」
と不安がよぎりましたが、
大方の予想に反して雨は降らず、
台風特有の生ぬるい風が吹く程度で
東海地方を過ぎていきました。

電車に乗っていざ、大口町へ。
愛知県大口町立大口中学校に伺いました。

最寄駅にPTA会長がお迎えにきて下さっていました。
気は優しくて力持ち♪
そんな
会長にご誘導頂いて学校に到着。

そして驚きました。
まるで大学のキャンパスなんです!
芝生があって自然光がたっぷり入ってくる
素晴らしい空間が広がっています。

聞けば、こちらの大口中学校は、
元々一つの学校だったのですが、
一時大変人口が増えた時期があり、
その際に
大口中と大口北中に分かれていたのだそうです。

近年、子供の人数の現象により、
もう一度統合して一つの
大口中学校にすることが決まった時、
校舎の耐震化の整備なども同時に着手することになり、
新しく完成したのがこちらの学校です。

かの有名な建築家の黒川紀章さんのデザイン。
前校長先生が大学の先輩後輩の間柄だったというご縁で
黒川氏が設計するに至ったのだとか。

給食はランチルームという広い教室で取り、
各授業は全て移動。

国語の教室、数学の教室というように
その都度
場所を変えます。
大学の講義を受けるようです。

特筆すべきは図書室。
司書さんがいらっしゃるんですよ!
本格的な図書館そのものです。
ポップも出ていて楽しい空間でした。

学校が再び一つになって3年目。
まだ若干、しっくりきていない部分があるそうですが、
生徒さんもお互いの学校の雰囲気や、
授業の進め方に徐々に慣れ、
融合した
新たな校風が芽生えつつあるようです。

校長先生、教頭先生共に
講演前、色んなお話を伺いました。

これまでの教師生活の中で様々なご経験をされている
百戦錬磨の先生でいらっしゃって
とっても頼もしい印象を持ちました。

キャラバンに行くといつも思います。
「学生の時、担任の先生だけじゃなく
もっと校長先生や教頭先生とお話すればよかったな」と。

お話は興味深いものばかりなのに、
その機会を持たなかったのは
もったいなかったと思います。

講演が始まり、生徒の皆さんと対面しました。
あどけない顔の表情が初々しく、
これから色んなことに興味を持って、
自分で行動の幅を狭めることなく
挑戦して行ってほしいな、と
自然と応援したくなるような生徒さんでした。

このように素晴らしい環境の学校は
全国的にも少ないと思います。
是非とも発想力豊かな生徒さんが
世の中に巣立ち活躍して下さることを願います。

武田美保

|

« 杉並学院中学高等学校 | トップページ | 仙台市立仙台商業高等学校 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 杉並学院中学高等学校 | トップページ | 仙台市立仙台商業高等学校 »